スマホを置いてワンボタン。『プリントス』はアプリも電池も不要なお手軽プリンタ

こんなに簡単でいいのでしょうか?

スマホの写真を簡単にプリントできるプリンタ『Printoss(プリントス)』が2017年10月21日にタカラトミーから発売されます。こちらは、アプリなどでスマホと連携させる必要がないどころか、電池すら使わずにプリントできる製品なんです。メーカーの希望小売価格が3700円(税別)で、すでに予約受付が始まっていますよ。本体カラーバリエーションは「SAKURA/SORA/SUMI」の3種類です。

わずか3ステップの「超」簡単印刷

『Printoss』で写真を印刷するのに必要なのは、たったの3ステップ。まず折りたたまれた本体を組み立てて、本体の上部に画像を表示したスマホをセットしてシャッタースイッチを押します。最後に備え付けのレバーを回せば、写真が印刷されたインスタントフィルム(富士フィルム製インスタックスミニフィルム)が排出されます。

小柄な本体が好印象

本体サイズがコンパクトなのも、このプリンタの特徴。折りたたむと幅130×高さ55×奥行き143mmにまで小さくなり、本体重量も約350gと軽量なので、気軽に持ち運べます。

あれこれ遊べる写真印刷

ちょっと独特な機能として、スマホで別々の画像を表示しながら2回シャッターを押すことで、2つの画像が合成された二重露光写真が作れたりもします。いわゆる「チェキ」フィルムを使うため写真下部にはメッセージを書き込むスペースもありますし、家族や友達へのプレゼントにメッセージ付きの写真をプレゼントするのも良さそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『プリントス』製品情報サイト