走って住める高級家具?木目が美しいソーラー発電キャンピングトレーラー

こういう質感のデザイン家具とかスピーカー、ありそうですよね。

米ワシントン州のカークランドに拠点を構えるHomegrown Trailersは、高級家具のような木目が美しいキャンピングトレーラー『Timberline』を販売しています。取り回しやすいコンパクトな車体、ソーラー発電による電力自給を可能とするオフグリッド設計、そして必要十分な車内設備と、週末のキャンプや車内泊にぴったりな一台ではないでしょうか。オフグリッドモデルの車両価格が4万1500ドル(約460万円)、電力自給ができないモデルが3万7000ドル(約406万円)となっています。

ちょうどいいサイズで全部入り

『Timberline』の特徴はそのコンパクトな設計。サイズが縦約7×横約2.2×高さ約2.5メートルで、重量約1700〜1800kgの車体は、RV車両などで気軽に牽引できます。公式サイトではこのトレーラーを牽引できる車両の一覧が公開されており、幅広い車種に対応しているのがわかります。

写真ではパネルの存在をしっかりと確認できませんが、600〜800ワットの発電能力を持つソーラーパネル搭載の上位モデルでは、トレーラー内蔵のリチウムイオンバッテリーと組み合わせることで太陽光の力でエコなアウトドア体験ができるとされています。こういった自給自足に近い暮らしにあこがれたことがある人はきっと多いはず。

最大6人が滞在できます

車内にはトイレやシャワー、シンクが備え付けられていて、温水の利用も可能。キッチンカウンターの下には冷蔵庫も取り付けられています。さらにはメインとなるベッドと寝台タイプのベットが搭載されていて、3人〜6人が滞在できるんだとか。なお、寝台タイプのベッドはダイニングスペースへの変更も可能だそう。

はたして日本から購入できるのかしら……?

公式サイトによると、『Timberline』は自分で引き取りに行くだけでなく、無料での配送にも対応しているんだとか。ただし住所の入力フォームがアメリカ仕様だったことを考えると、国外配送の可否については問い合わせる必要がありそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Timberline』製品情報ページ(英語)