パナソニック渾身の高音質4Kテレビ『EX850』完成。テクニクスの匠による“コンサートホールの再現”とは?

目標は“コンサートホールの音の再現”。レベル高めです!

パナソニックの4K液晶テレビ「ビエラ」に、新型『EX850』シリーズが加わります。こちらは4K・HDR対応のハイグレード液晶テレビでありつつ、ハイレゾ対応スピーカーも備えた音質重視タイプ。別途スピーカーシステムを用意しなくても一台で高画質・高音質を実現でき人気になりそうなシリーズです。

『ビエラ TH-60EX850』(60V型)

バックライトエリア制御対応、高輝度IPSパネル採用、色忠実再現性のさらなる向上など、画質面でもかなり性能を上げている今回の新モデル。画面サイズと実勢価格はそれぞれ、60V型が44万円前後、55V型が37万円前後、49V型が32万円前後。いずれも国内生産による“JAPAN PREMIUM”モデルに位置づけられ、2017年10月20日に発売予定です。

大型スピーカーを主張しすぎないデザインも秀逸

『EX850』のサウンドシステムは、パナソニックのHi-Fiオーディオ開発部門・テクニクスがチューニング。迫力のある低音と豊かで伸びのある中高音を実現し、高音質化とスリムなデザインを両立させました。

繊細に加工されたステンレスで覆われているサイドスピーカー。前年モデルの『DX850』シリーズではこの部分がかなり目立つシルバーとなっていましたが、『EX850』では住空間との調和を強く意識しブラック系で統一。スピーカーを必要以上に主張しないデザインに仕上げています。

画面下部のスタンドも、よりシンプルで置き場所を選ばないタイプに。
リモコンは従来機を踏襲した標準的なデザイン。

100W・3Way構成のスピーカーシステムで“コンサートホールの臨場感”を実現

本機のサイドスピーカーはハイレゾ対応のツイーター2つ、ミッドレンジスピーカー4つ、アンダースピーカーはウーハー2つ、パッシブラジエーター4つを搭載。高音域25W・中音域25W・低音域50W、総合出力100Wという強力なスピーカーシステムとなっています。これを音質の“匠”であるテクニクスの技術により理想的なクオリティに仕上げているわけですが、さらに本製品においてはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ベルリン・フィル)とも協業。コンサートホールでのライブ体験を家庭でも楽しむためというチューンナップも新たに施されました。

実際に『EX850』でコンサートの映像を試聴したところ、昨年モデルの『DX850』に比べ特に低音の厚み・迫力がアップし、段違いの臨場感になっていたのがわかりました。もちろん、コンサート以外の映像を観るときでも声の部分がしっかり前に出てくる印象があり、この高音質は幅広いシーンで活躍しそうです。

有機EL最上位モデルの77V型も同時発表

なお『EX850』とあわせて、5月に発表された4K有機ELビエラの大型版である『TH-77EZ1000』も発表。こちらもテクニクスのチューニングによる大型サウンドシステムを搭載したテレビです。77V型と巨大なうえに画質も最高峰とあり、実勢価格は270万円とケタ違い。4K有機ELではライバルのLG、ソニーも77V型の最高級モデルを発表しており、いずれも270万円前後で超ハイレベルな世界を展開中です。

取材・文/柳 雄大

関連サイト

パナソニック「ビエラ」Webサイト
プレスリリース(EX850シリーズ)
プレスリリース(TH-77EZ1000)