約7万円で11.2MHzのDSDネイティブ再生に対応!ソニーのウォークマン『NW-ZX300』が発売

フラグシップモデル同様、最大11.2MHzのDSDネイティブ再生に対応

ソニーは、ウォークマンZXシリーズ『NW-ZX100』の後継機となる『NW-ZX300』を2017年10月7日に発売します。『NW-ZX300』は、ソニー独自開発のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載する点は従来機と同様ですが、ZXシリーズで初めて最大11.2MHzのDSDネイティブ再生および、最大384kHz/32bitのWAV再生に対応するのが大きな特徴。実売価格約7万円のミドルハイモデルながら、フラッグシップ機に迫る再生性能を備えています。そのほか接続安定性の高いΦ4.4mm(JEITA統一規格)バランス接続を備え、バランス接続時には実用最大出力200mW+200mWを実現するのもポイントです。


▲本体カラーはブラックとシルバーの2色、実勢価格は7万70円(税込)。

『MW1』シリーズの高音質技術を継承

本体サイズ約57.3×119.5×14.8mmという手のひらサイズに、無酸素銅プレートなどの高音質パーツ、音楽再生に特化したUI等を最上位モデル『WM1』シリーズより継承。また、リアパネルにはアルミを採用することで低抵抗化を図るなど、新たな高音質技術も搭載されています。

内蔵ストレージは64GBとハイレゾ対応のポータブル機としては少々心もとないものの、microSDXCカードに対応するため、ストレージ容量はさほど問題ではなさそう。バッテリー駆動は最長30時間(128kbpsのMP3、ステレオミニジャックでの再生時)となっています。

高音質・低遅延のaptXコーデックに対応

もちろん従来のウォークマン同様、Bluetoothでの無線リスニングも可能。対応コーデックは、ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC(エルダック)」に加え、高音質・低遅延の「aptX」にも対応しています。さらに、48kHz/24bitの音声データが伝送可能な「aptX HD audio」にもソフトウェアアップデートで対応を予定しているとのこと。

 

USB Audio対応

また、新たにUSB DAC機能を搭載するのもトピックです。「DSEE HX」機能ON時に、PCとウォークマンを接続すると、PC内の音楽をハイレゾ相当で再生することが可能だそう。新たにMQAとAPEといったファイルフォーマットの再生も可能となっています。

関連サイト

『NW-ZX300』製品情報ページ
ソニー公式サイト