曲面だっておまかせ。『Rollbe』は転がして長さを測る円盤状の超小型測定ツール

ころころっと、曲面の長さを計測。

クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場した円盤型の小型メジャー『Rollbe』は、円盤を対象の上で転がすだけで、まっすぐなところから曲面まで様々な場所の長さを計測できる便利グッズ。ちょうど工事現場などで見かける距離測定器「ウォーキングメジャー」の卓上版に近いと言えるでしょうか。こちら、すでに資金調達プロジェクト成立済みの人気商品となっています。

シンプル故に使いやすいデザイン

『Rollbe』はステンレス製の円盤と真鍮製の持ち手から構成されています。測りたいものの上で円盤をなぞらせると、カチカチっというクリック音で円盤が何周したのかを教えてくれるんです。あとはクリック音の鳴った回数と円板の外周をかけ合わせ、端数を足せば正確な長さが計測できるというわけ。

たとえばソファーの背もたれの長さや、衣類の刺繍の長さなど、曲線・曲面部分を測りたいという機会は意外と存在するはず。そんな時にこの円盤型メジャーが役立ってくれます。そうそう、上の画像は目盛の単位が「インチ」の4インチモデルですが、メートル法表記のモデルも存在するのでご安心を。

すみっこはどうやって測るの?

円盤ということで、「壁などの端っこは測れないんじゃないの?」という疑問も当然あるはず。しかし円盤には壁との接点までの長さが記載されていて、それを計測結果に足せば壁からの長さが導き出せるようになっているとのこと。もっとも、壁が垂直でなければ正確には測れないと思いますが……。また、円盤には滑り止めの溝が刻み込まれており、布や革などの滑りやすい素材の上でも安心して利用できるとされています。

持ち運びやすさもポイント

『Rollbe』には外周が10cm(4インチ)の『Rollbe S』と、外周が20cm(8インチ)の『Rollbe L』がラインナップされています。メートルとインチの間で円周に若干の誤差がある気はしますけれど、どうなんでしょうね。

いろいろツッコミ所もあるこの製品。持ち運びに便利なキャリングケース付きの『Rollbe S』は20カナダドル(約1750円)、『Rollbe L』はカナダ23ドル(約2017円)の支援で入手可能だったのですが、残念ながらクラウドファンディングはすでに締め切り済みとなってしまいました。

文/塚本直樹

関連サイト

『Rollbe』プロジェクトサイト(英語)