デジタル魔球の誕生か!? ミズノが野球ボールの回転解析システム『MAQ(マキュー)』を開発

「さあ飛雄馬、放ってみろ。デジタル世代としての第一球を!」

星一徹がそう言ったかは定かでありませんが、総合スポーツ用品メーカーのミズノは、野球ボールの回転を解析する新システム『MAQ(マキュー)』を発表しました。これはボールに内蔵されたセンサーとスマホアプリの連動によってボールの回転数や回転軸、速度などを分析するというもの。2018年春の製品化を目指して開発を進めており、販売価格は本体1万9800円、充電器1万5000円を想定しているとのことです。

ボールの芯に高感度磁気センサーが入っている!?

『MAQ』のシステムで肝となるのが、硬式球と同じ質量・バランス、材質のまま高感度磁気センサー「MI(エムアイ)センサ」を内蔵した専用のボール。センサーがボール回転にともなう微弱な地磁気変動を測定し、毎秒50回転に迫るというプロ野球選手の投球であっても検知できるのだそう。この測定データから「伸びのあるストレート」「切れのある変化球」といった球種を可視化して、練習の精度向上に貢献してくれます。

ボール内のリチウム二次電池が置くだけ充電に対応していたり、選手やコーチが投球データをスマホアプリで管理できたりするのも、実に最近のスマートデバイスらしい仕様と言えるでしょう。

デジタル技術がスポーツ選手のパフォーマンスを向上させる?

今後もミズノではセンサーやIT技術をスポーツに活用するための研究開発を行っていくとのことで、この『MAQ』についても硬式野球ボールだけでなく、ソフトボールなど他種目への応用を目指しているとのこと。スポーツトレーニングは精神論や経験・感覚的な指導から数値に裏づけされた科学的な指導への移行がますます加速していくことになるのでしょう。漫画・巨人の星に登場した『大リーグボール養成ギプス』のようなアナログなトレーニング器具はもはや過去のものというわけです。

ちなみに『MAQ』のボールはあくまで投球専用で、バットで打つことはできないとされています。ポリカーボネート製カプセルやシリコーンゲルで耐衝撃性を高められているとはいえ、センサーやバッテリーが内蔵されているんですもんね。たしかに納得です。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

野球ボール回転解析システム「MAQ(マキュー)」プロトタイプ完成(ミズノ)