1万円以下で健康管理からトレーニングまでおまかせ!『HUAWEI Band 2』シリーズ

この値段なら欲しくもなります。だってスポーツの秋ですから。

最近ますます製品が増える、ヘルスケア機能を搭載したリストバンド。一体どのブランドのどの製品を購入したらいいのか、検討するだけで疲れてしまいそうです。初期投資を抑えながら最初の一本を選ぶなら、ファーウェイ・ジャパンから登場したフィットネスから睡眠管理、コーチング機能まで搭載した『HUAWEI Band 2』『HUAWEI Band 2 Pro』はいかがでしょう? こちら、『HUAWEI Band 2 Pro』が9980円(税別)でブラックとレッドの2色、EC限定モデルの『HUAWEI Band 2』はオープン価格でブラック1色のみ、どちらも2017年9月8日から発売予定となっています。

装着しやすい本体に安心の防水設計

ディスプレイ部分のサイドにメタルパーツを採用するなど、高級感にもこだわったという『HUAWEI Band 2』シリーズ。本体は5気圧防水と防塵に対応しており、装着したままでのスイミングも可能です。ただし温水中での利用には対応していないそうなので、手洗いの際などは少し気をつけてあげましょう。内蔵バッテリー容量は100mAhで、通常利用なら最大21日間も利用できるとのこと。

欲しい機能を網羅した設計

基本的なフィットネス機能としては、ランニング中などに心拍数を高精度かつ秒単位で測定可能。またスポーツをしていない時にも自動で心拍数を測定し、自分の体調を知ることができます。

本体ディスプレイには消費カロリーや運動強度が表示可能で、集中力を高める呼吸コーチ機能も用意されていますよ。

『HUAWEI Band 2 Pro』ならさらに便利に

上位モデルの『HUAWEI Band 2 Pro』には独立したGPSが搭載され、スマホを携帯していなくてもランニングのルートや距離、スピードやペースを計測できます。走っているときにスマホを邪魔に感じるランナーに重宝されそうな機能です。

また『HUAWEI Band 2』にも搭載されている睡眠計測機能ですが、『HUAWEI Band 2 Pro』では睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep」によって具体的な睡眠状況や睡眠の質が把握可能とされています。さらにランニングコーチ機能や、体内に取り込まれた酸素の最大量を知る効果測定(VO2max)も利用可能。1万円を切る価格(税別ですが)でこれだけの機能を備えているのは魅力的ですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『HUAWEI Band 2 / Band 2 Pro』製品情報ページ
『HUAWEI Band 2 / Band 2 Pro』プレスリリース