ああ、食欲の秋。『焼き芋メーカー Bake Free』に物欲だってそそられます

石焼き芋のトラックを必死に追いかけるのも、それはそれで秋の風物詩ですが。

夏もいよいよ終わりが近づき、肌寒い秋がやってこようとしている今日この頃。そんな秋めいた日の午後には、やはりホックホクの「焼き芋」が食べたくなりますよね。そんな焼き芋を簡単に作れる『Bake Free』がドウシシャから販売されます。価格はオープン。

さつまいもを入れてスイッチオン

『Bake Free』にはさつまいもを焼くための「焼き芋プレート」が標準で2枚付属しています。直径6×長さ22cmまでのさつまいもが収められるこのプレートを使って、上下のヒーターからの熱でさつまいもを美味しく焼き上げられるというわけ。プレートの凸凹加工によって、熱が均一に伝わるんだそうですよ。さらに、プレートは汚れが付きにくく落としやすいフッ素コーティングも施されています。

さつまいもの焼き上げまでに掛かる時間は約40分。小さな芋ならもっと短い時間で調理できるそうです。製品の外観もダッチオーブン風で、焼き上がりまでの待ち時間さえ楽しくなりそうな雰囲気ですね。

さつまいも以外の食材にも応用可能

「焼き芋プレート」で焼けるのはさつまいもだけではありません。プレートのくぼみに上手く収まりさえすれば、とうもろこしやじゃがいも、里芋なんかも丸ごと焼けるそうですよ。寒い冬にじゃがバターが手軽に調理できたら最高じゃないですか!

なお、製品には「平面プレート」も2枚付属してきます。こちらのプレートを使えばアップルパイやホットサンド、さらには肉や魚の調理だってOK。また、オリジナルレシピブックも付属するので、調理方法で迷うことはなさそうですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『Bake Free』製品情報ページ
『Bake Free』特設サイト