家さえ超越したクルマ!ガレージつきバス『VARIO Signature 1200』がゴージャスすぎる

地方巡業にいかがでしょう?

日本ではあまり馴染みがなさそうですが、国土の広いアメリカなどで各地を回るショービジネスに携わる人々は、巨大なキャンピングカー……いやバスで、地方をめぐることがあるそうです。それには各地でいちいち宿を確保する必要がないというメリットもあるんでしょうね。そんな地方巡業にも使えそうな巨大バス『VARIO Signature 1200』が、ドイツのボームテに本拠地を置くVARIOmobilから発表されました。驚愕すべきは、バスの下部にクルマ1台を格納できるガレージまで備えているということ。車両価格は77万3500ドル(約8400万円)〜と、見た目に違わぬビッグプライスです。

ベース車両はメルセデス・ベンツのバスなのです

メルセデス・ベンツのバス『Actros 2553 LLL』を改造して製作したというこの『VARIO Signature 1200』。ご覧のように、車体後部には乗用車を収納できるカーガレージが用意されており、この巨大なバスで地方の拠点まで移動し、現地では乗用車を利用するなんて使い方ができるのです。

車体サイズは全長12×車幅2.55×車高3.99メートルで、車重は26トン。530馬力のディーゼルエンジンを搭載し、燃料タンクは500リッターとなっています。

まるで高級ホテルのような車内

車内にはあらゆる設備が整い、なおかつ高級感溢れる内装に仕上げられています。リビング、テーブル付きのキッチン、コンロやシンクなどの水回り施設……と、長期滞在型ホテルのよう。なお、車内には必要に応じて合計4〜6個のベッドを設置できるそうです。

購入前にはぜひ実物を……

残念ながらもう終了してしまいましたが、このゴージャスな『VARIO Signature 1200』は、2017年8月25日〜9月3日にドイツのデュッセルドルフで開催されたキャンピングカー見本市「キャラバンサロン」で展示されていたそうです。日本へとこの車両を導入する際にどのようなハードルがあるのかは不明ですが、なにしろ車両の値段も値段ですから、購入前にはぜひ本社のあるドイツで車両を見学することおすすめします。

文/塚本直樹

関連サイト

『VARIO Signature 1200』製品情報ページ(英語)