ボス、ブラインドの紐に取り付けるだけで自動開閉できるアイテムがありますよ!

あのジャラジャラした紐の操作を自動化!

日々お世話になっているブラインドにはたいていジャラジャラと引っ張る紐がついていると思いますが、あれって結構重かったり動きが悪かったりして操作するのが面倒くさいですよね。そんなブラインドの紐をオートメーション化して、自動で上げ下げしてくれるガジェット『Blind Engine』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

もう手で動かさなくていいんです

『Blind Engine』の構造は単純で、本体上部の丸い部分が回転する仕組みです。ここにブラインドの紐を引っ掛けて、窓枠に固定したり、あるいは壁に貼り付けたりして利用するというわけ。設置したあとは、本体の上下ボタンやスマホからの指示でブラインドの上げ下げが行えるように。ちなみに、電源は付属のACアダプターから供給します。

あんなブラインドにも、こんな紐にも

『Blind Engine』を利用できるブラインドはロールタイプから水平や垂直な板状のもの、そしてカーテンタイプと、紐さえついていればOK。さらに、内部に引き込む紐の太さに応じて、2種類のギアが用意されているので、対応するブラインドはかなり多そうです。ただし、途中にコネクタがあるような特殊な紐には対応していないそうなので注意が必要。

スマホ利用でリモートコントロールも

Wi-Fi経由でスマホと連携すれば、離れた場所から専用アプリでブラインドを上げ下げできます。専用アプリはiOS向けとAndroid OS向けが用意されるとのこと。タイマーを設定したり、複数のブラインドを管理したり、あるいは家主が家に近づいたらブラインドを上げたり、なんていう設定も可能です。それだけでなく、『Amazon Echo』や『Google Home(現在機能の開発中)』によるボイスコントロールでの操作もできるんですって。

自宅にブラインドを設置している方にはなかなか便利そうな『Blind Engine』。プロジェクトはすでに資金調達に成功しており、89ドル(約9600円)の支援で一つ入手できます。製品の出荷は2017年11月予定。全世界へ発送対応してくれるようです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Blind Engine』プロジェクトサイト(英語)