ソニーが4K/HDR対応のゴージャスなプロジェクター2機種を発表! 気になるお値段は……?

スペックもお値段もスゴいことに。

ソニーは2017年9月11日、4K/HDRに対応した新型プロジェクター『VPL-VW745』『VPL-VW245』の2機種を発表しました。ネイティブ4K解像度に対応したディスプレイデバイスを搭載し、高画質な映像投影が可能とされる両機種。メーカー希望小売価格は『VPL-VW745』が170万円、『VPL-VW245』が55万円(どちらも税別)。それぞれ2017年12月9日と2017年10月21日の発売予定となっています。

ネイティブ4KとHDR対応でより美しく

『VPL-VW745』と『VPL-VW245』は両機種とも、独自開発のネイティブ4Kに対応したディスプレイデバイス『SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)』を搭載。さらにデータベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)が、映像に最適な高品位化処理を施してくれるとされています。またHD映像信号の4K映像への変換や3Dコンテンツの4K視聴も可能なのだそう。

HDRでは、映像内の明るい場所は飛ばさず、また暗い場所は潰さず……といったように、明暗差の大きいHDR映像であっても鮮明な映像を再現(上画像は『VPL-VW745』でのイメージ)。HDR映像入力の方式としては「HDR10」と「HLG」に両対応しています。

レーザー光源システム搭載の『VPL-VW745』

上位機種となる『VPL-VW745』では、青色レーザーと蛍光体を組み合わせたレーザー光源システム「Z-Phosphor」を搭載。2000ルーメンの明るい映像を投影することが可能です。さらに本体サイズをコンパクトに抑えることで、棚に設置したり天吊りしたりと、柔軟に設置場所が選べます。

なんとか手が届くかもしれない『VPL-VW245』

『VPL-VW245』では光源に高圧水銀ランプを採用。『VPL-VW745』はやや及ばないものの、それでも1500ルーメンでの画像投影が可能です。もちろん4KやHDRに対応しているので、美しい映像投影。本体カラーはブラックとプレミアムホワイトの2色です。

『VPL-VW745』と『VPL-VW245』はそれぞれ、9月から10月までソニー ストアやソニーショールームで先行展示が行われます。具体的なスケジュールはこちらのソニーのプレスリリースをご参照下さい。

文/塚本直樹

関連サイト

『VPL-VW745』『VPL-VW245』プレスリリース