小さな大艦巨砲主義。世界最速AFと超連写に進化したソニーのネオ一眼『RX10 IV』デビュー

連写速度がただごとではありません。

ソニーは2017年9月13日、新型のレンズ固定式デジタルカメラサイバーショット『RX10 IV』(DSC-RX10M4)を国内発表しました。1インチセンサーに35mm換算で24mm〜600mmとなる光学25倍の高倍率ズームレンズを搭載し、AF(オートフォーカス)速度を世界最速レベルにまで引き上げ連写速度も大幅向上したモデルとなっています。2017年10月6日発売で、価格はオープン(市場想定売価:税別19万円前後)。2017年9月20日10時には予約受付が開始される予定です。

AFと連射性能がとんでもないことに!

『RX10 IV』の最大の進化は、世界最速を謳う0.03秒の高速オートフォーカスとAF/AE追従で最高約24コマ/秒の連写性能でしょう。イメージセンサーの違いこそありますが、フルサイズミラーレスカメラ『α9』の連写性能(20コマ/秒)すら上回っています。連続撮影枚数は249枚(画質「ファイン」時)です。

これ一台であらゆるシーンに対応

前モデルの『RX10 III』と同じく、ZEISS Vario- SonnarT∗ 24-600mmの高倍率ズームレンズを搭載した『RX10 IV』。レンズのF値も2.4〜4と明るく、日常的なスナップ撮影から航空写真まで、あらゆるシーンで活躍してくれそうです。イメージセンサーは有効約2010万画素の1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RX」、画像処理エンジンは「BIONZ X」です。

さらにRX10シリーズとしては初めて、位相差検出方式とコントラスト検出方式を併用する「ファストハイブリッドAFシステム」を採用。315点の像面位相差AFセンサーと「高密度AF追従テクノロジー」を組み合わせ、動き回る被写体を正確に捉え続けます。

動画撮影では全画素読み出しによる高解像度4K(QFHD:3840×2160)動画や、最大40倍のスローモーション撮影が可能。またサイレント撮影やアンチディストーションシャッターによる歪みの少ない撮影にも対応しています。

使いやすい操作系

チルト可能な3.0インチの背面液晶はタッチディスプレイ化。フォーカス位置を指先で指定する「タッチフォーカス機能」「タッチパッド機能」が利用できます。また連写した静止画のグループ表示や、グループ単位での削除も可能です。

さらに撮影が楽しくなる機能付き

レンズの付け根部分には距離に応じてあらかじめ合焦する範囲を限定する「フォーカスレンジリミッター」を搭載し、スムーズなフォーカシングを実現。カメラが自動判別してAFモードを切り替える「AF-A」モードへの切り替えスイッチも搭載されています。

2017年9月16日にはソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌/名古屋/大阪/福岡天神で先行展示が開始されます。身軽なスタイルで本格的な撮影にもチャレンジしたい方にとって、うってつけの1台となりそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『RX10 IV』プレスリリース