脱ヘッドホン!? ソニーが肩に乗せる『ウェアラブルネックスピーカー』を発表

たしかに開放感はありそうです。

ソニーは家庭で映画やゲームを楽しむための新感覚スピーカー『ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1』を2017年10月14日に発売すると発表しました。背中から肩、鎖骨にかけてのラインに沿ったアーチ型のスピーカーの上部から音が広がることで、まるで音に包まれるような新しい視聴体験ができるとされていますが、実際の装着感やサウンドの臨場感がどういったものになるのか、非常に気になりますね。

ウェアラブルスピーカーの構造とメリットとは?

大きくて場所をとるホームシアターシステムを使わずにテレビの音をより臨場感ものにしてくれるというウェアラブルネックスピーカー。先端部に配置されたφ30mm小型フルレンジスピーカー、耳元で拡散させるスリット構造と音の方向性を整えるディフューザーが、音に包まれるような感覚を実現してくれるのだそう。

スピーカーが首元にあることで、壁からの反射音やクロストークが最小限に抑えられるというメリットも。

送信機と充電台はコンパクトで省スペース

装着中のネックスピーカーは完全ワイヤレスとなり、テレビとの間には専用の送信機を設置することになります。なお、テレビと送信機は光デジタルもしくはヘッドホン端子で有線接続する方式。ネックスピーカー本体は専用オーディオケーブルを使ってのスマホとの有線接続にも対応しているとのことです。

専用充電台によるフル充電までの所要時間はおよそ3時間。最大で約7時間の連続使用ができるとされています。ちなみに充電台を使わずにUSBケーブルによる充電も可能ですよ。

音に連動したバイブレーション機能も

左右スピーカー本体前方に内蔵された振動板「パッシブラジエーター」が低音を増強し、映画のアクションシーンや音楽の低音部分を振動として再生するバイブレーション機能を装備。振動は3段階の強度で設定可能となっています。

肩から首にかけて装着する機器が振動すると聞くと、肩凝り持ちとしてはマッサージ機として使えないものかと夢想してしまいますが、残念ながらそうした機能は備えていない模様。とはいえ新感覚のスピーカーとして純粋に試してみたいものですね。ちなみに市場想定価格は税抜で2万5000円前後となる見込みです。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

SRS-WS1アクティブスピーカー(ソニー)