『iPhone 8』『iphone 8 Plus』に合わせたい。Beats『Solo3』『BeatsX』にゴールドとシルバーの新色追加

話題のiPhone新色にあわせ、ゴージャスな2色が登場です。

先日のイベントで発表された、新型iPhoneこと『iPhone X』と『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』。そのうち『iPhone 8』『iPhone 8 Plus』でほぼ新色として登場したゴールド色にあわせるように、アップル傘下のBeatsブランドの無線ヘッドホン『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』と無線イヤホン『BeatsXイヤフォン』に新色のマットゴールドとマットシルバーが追加されました。

価格はそれぞれ2万9800円と1万4800円(どちらも税別)で、現在オンラインで購入すると、2017年9月21日以降の到着予定であるとのこと。

モノ自体は既存モデルと同一です

新色として登場した今回のヘッドホン/イヤホンですが、基本スペックはオリジナルの『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』『BeatsXイヤフォン』とまったく同一。まず前者の無線ヘッドホン『Solo3』は、最大40時間の音楽再生が可能。5分の充電で約3時間再生できる「Fast Fuel」機能に対応しています。クッション付きのイヤーカップにより長時間着用しても疲れにくいのだそう。

『AirPods』にも採用された通信チップ「W1」を搭載したことで、電源を入れるだけで『iPhone』などとペアリング可能。『Apple Watch』や『iPad』など複数のアップル製品を見つけたとしても同時につながってくれます。付属品はキャリングケースや3.5mmのRemoteTalkケーブル、ユニバーサルUSB充電ケーブル(USB Type-A microUSB)など。

小さくたって手抜かりなしの『BeatsXイヤフォン』

一方の『BeatsXイヤフォン』は最大8時間の音楽再生が可能。こちらもFast Fuel機能にも対応し、「W1」チップを搭載。簡単ペアリングや機器への同時接続も『Solo3』同様にできます。また「RemoteTalk」を使えば、内蔵マイクで電話の利用や音楽のコントロール、Siriの起動が可能。製品には4サイズのイヤーチップや、耳にフィットさせるための脱着式のウィングチップが同梱されています。

文/塚本直樹

関連サイト

『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』製品情報ページ
『BeatsXイヤフォン』製品情報ページ