家族の理解も得られ、パパの物欲も満たせる
やっぱり欲しい、極上A&V機器&デジタルギア!!

結婚したり、子どもができたりすると、急激に購入のハードルが高くなる黒モノ家電。「安いので充分でしょ?」「リビングに余計なものをおかないで」「そんなもの必要ないでしょう?」など、さんざんな言われようだ。でも、やっぱり映画は少しでも良い画質・音質で楽しみたいし、休日は最新のデジタルギアをいじっていたい。それが男子のロマンですから!! そこでここでは、安くてコンパクトながら高品質な、あるいは家族みんなで使える黒モノ家電を幅広いジャンルからピックアップ。これならパパの物欲も受け入れてもらえるかも?

 

no.078

アップル
iPad Air
Apple Store価格:5万9184円(64GBモデル)

みんなで使えるスリムタブレット

2017年の販売終了から約2年を経て、名機『iPad Air』が復活! ディスプレイサイズが10.5型に大きくなり、プロセッサーも最新世代のA12 Bionicに刷新。最先端のパフォーマンスで利用できるようになった。カバー型キーボード『Smart Keyboard』や『Apple Pencil(第1世代)』にも対応しているので、仕事から趣味のお絵かきまで、家族みんなが、それぞれの使い方で楽しめる。


no.079

ソニー
HT-X8500
実勢価格:4万3070円

休日の映画タイムを極上サウンドで

液晶テレビの貧弱なサウンドをパワーアップしてくれるサウンドバーは、映画やスポーツ中継、音楽番組などを楽しみたい人には必須のアイテムだ。本機は、サブウーファーを本体に内蔵し、テレビ前のわずかなスペースに配置できる小型モデル。にも関わらず、音を立体的に響かせるDolby AtomsやDTS:Xに対応するなど極めて高性能。映画館の臨場感をリビングで楽しめるようにしてくれる。


no.080

ハイセンス
50A6800
実勢価格:7万5209円

ファミリーユースにベストな大画面テレビ

50V型サイズの大画面液晶テレビ。東芝映像ソリューション「レグザ」(昨年3月にハイセンスグループ傘下に)のノウハウを取り込んだ「レグザエンジンNEO」の搭載により、価格以上の高画質を実現している。機能面でもHDR10/HLG対応や、BS4Kチューナー内蔵など最先端だ。映画やゲーム、スポーツ中継などを、これまで以上のド迫力大画面で満喫しよう。


no.081

パナソニック
ディーガ
DMR-BRX2050
実勢価格:5万6600円

もう何を録画するかでケンカしない

放送している番組を丸ごと全部(最大6ch×最大約16日分)録りためるという力技で、家庭の録画トラブルを解消してくれるBDレコーダー(2TB HDD搭載)。スマホやカメラで撮った写真や動画を保存し、テレビの大画面で再生する機能もファミリー利用にぴったり。専用スマホアプリを使って、外出先から録画した番組や蓄積した写真/動画を視聴することもできる(おうちクラウド機能)。


no.082

LGエレクトロニクス
LG gram 17Z990
実勢価格:23万3150円

17型の大画面なのにモバイルできる薄軽!

近年、家庭でのプレゼンスが低下しつつある大画面PC。自宅でも仕事をせねばならないパパや、趣味の写真を大きな画面でレタッチしたいパパには辛い時代だ。その点、本機は17型(2560×1600ドット)の大画面・高解像度液晶ディスプレイを搭載しつつ、薄さ約17.4mm、重量約1.34kgと邪魔にならない薄さ・軽さを実現。最大22時間駆動など、モバイル性も抜群だ。


no.083

DJI
OSMO Pocket
実勢価格:4万4900円
※写真は別売コントローラーホイール『OMPP06』
(実勢価格;7600円)装着時

今、最も手軽で楽しいムービーカメラ

手ぶれを劇的に抑えてくれるジンバル機能付きの手のひらサイズムービーカメラ。なにげない日常の光景をムービー(最大4K/60p)で記録する、流行りのスナップ動画にピッタリの製品だ。延長ロッドや防水ケースなどの別売アクセサリーを使えば、より幅広いシーンで活躍してくれるだろう。1型モニタを搭載しており、単体でも使えるが、スマホと接続することで、より高度な撮影も楽しめる。


no.084

バッファロー
おもいでばこ
PD-1000S-LX

実勢価格:5万2380円

家族の“おもいで”をまとめて保存

スマホやカメラから、簡単操作で写真/動画を取り込み、大画面のテレビや、手元のスマホでいつでも再生できるようにしてくれるデジタルフォト・アルバム。分かりやすいUIやPCレスで使えることなど、家族の誰でも使えるよう工夫されているのが◎。ストレージには故障に強い2TBのSSHD(SSD+HDD)を採用し(故障予測機能付き)、家族の思い出をしっかり守ってくれる。


no.085

オリンパス
OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット
実勢価格:8万5850円

フットワーク抜群な家族のためのミラーレス一眼

旅行や運動会、学芸会などのイベントを高画質に撮影したいのであれば、レンズ交換式カメラがおすすめ。中でも、オリンパス「PEN」シリーズは、コンパクトカメラ並みの小型ボディながら、高画質と携帯性を両立させていることが売り。薄型標準ズームレンズに加え、望遠ズームレンズが付属しているのもお買い得だ。自撮りに便利な可動式モニタや、お洒落なデザインはママ受けも良さそう。


no.086

キヤノン
EOS RP
RF35 MACRO IS STM レンズキット

実勢価格:23万7050円

二度とはない一瞬を極上画質で記録

子どもの成長記録や、家族の思い出を最上の画質で撮り残しておきたいという人には、今、流行りのフルサイズセンサー搭載ミラーレスカメラを紹介したい。キヤノン『EOS RP』は、先頃同社が発表した「EOS R」シリーズのカジュアルモデル。上位モデルゆずりの高画質や撮影性能を継承しつつ、約440g(本体のみ)という携帯性も確保している。キットレンズは35mm単焦点レンズが付属。


no.087

ソニー
WF-SP900
実勢価格:2万2370円

メタボ対策で走り始めたお父さんに

スポーツ用途を意識した完全ワイヤレスヘッドホン。優れた遮音性を備えつつ、公道でのジョギング時などに、周りの音を聞こえやすくする「外音取り込みモード」を備える。また、IP68の強力な防水機能によって、水中での利用も可能。水中ではスマホなど、音楽プレイヤーとの通信も阻害されるため、本体内に4GBの楽曲データ保存用ストレージも用意し、単体での利用も可能にしている。


no.088

popIn
popIn Aladdin
実勢価格:7万9800円


寝室や書斎が大画面シアター空間に変身!?

LEDシーリングライトにプロジェクターを内蔵したユニークなアイテム。白い壁面に40~120型の映像を投写できる。スピーカーも内蔵しているため、これ以外に何かを追加する必要はなし。OSにはAndroidを採用しており、内蔵アプリでYouTubeやNetflix、Amazonプライムビデオ、DAZNなどの動画コンテンツを再生できる(要Wi-Fi環境)。もちろん、スマホ内部の写真や動画の再生も可能だ。