ホンダが見つめるEVの未来。コンセプトカー『Honda Urban EV Concept』公開

小ぶりなサイズで使いやすそうです。

最近は欧州各国でのガソリン/ディーゼル車の販売規制の方針発表もあり、ますます進む自動車メーカーによる電気自動車(EV)への移行。そんな風潮に乗り遅れまいと、ホンダの英国法人に相当するホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、今年のフランクフルトモーターショーで電気自動車のコンセプト『Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)』を公開しました。

街乗りに最適なサイズ

『Honda Urban EV Concept』は新開発のEV専用プラットフォームの採用を想定しており、『ジャズ(日本ではフィット)』よりも全長が100mm短い、街乗りに適したサイズにまとめられています。ちなみにホンダによる電気自動車の量産車は、欧州だと2019年に発売される予定とのこと。

「EVであること」を体現したエクステリア

車体にモールドされたラインにはコンセントがデザインされていたり、サイド部分には充電状況のステータスが表示されたりと、さり気なく電気自動車であることをアピールしている本車両。フロント部分では歩行者への挨拶など、メッセージを多言語で表示できるそうですよ。

突飛すぎないインテリアのデザイン

コンセプトカーというと正直やりすぎとも思える尖りまくったインテリアデザインを見ることも多いのですが、このコンセプトカーでは見慣れた形状のハンドルやペダルを踏襲。それでいてリビングやソファを思わせるテイストで居住性の良さを感じさせていますね。

ダッシュボードにはワイドな大型ディスプレイが装備され、走行情報を表示するだけでなく、AI技術「Honda Automated Network Assistant」によるコンシェルジェ機能が利用できるそう。サイドミラーの代わりに装着されたカメラからの映像が両サイドのドアに投影されるのも近未来っぽい要素です。

「パワーマネージャーコンセプト」も発表

さらにホンダでは、太陽光などの再生可能エネルギーや燃料電池車で発電した電気を、家と電気自動車でも利用できるようにする「パワーマネージャーコンセプト」も発表。自動車だけにとどまらず、自宅までも含めてエコな電力を融通する取り組みは素晴らしいですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Honda Urban EV Concept』プレスリリース
『Honda Urban EV Concept』プレスリリース(英語)