iPhoneがレトロなテレビ風に変身!『Retroduck』に挿入するだけでOKです

チャンネルをツマミでガチャガチャ回すテレビ、昔ありましたよねー。

クラウドファンディングサイトのKickstarterに、お手持ちのiPhoneをレトロスタイルなテレビにしてくれるスタンド『Retroduck』が登場しました。サイズ違いのiPhone各モデルに対応しており、見た目のみならずスピーカーの音を聞きやすくしてくれる効果もあるというこのスタンド。資金調達の目標金額もすでに達成する人気ぶりとなっています。

あそこにもここにも、好きな場所に『iPhone』を

『iPhone』を挿入するだけで、安定したスタンドになる『Retroduck』。キッチン用の小型テレビとして使うのも、ベッド脇の目覚まし時計として使うのも思うがままです。

本体内部にはLightningケーブルを組み込めるので、充電用のドックとして利用することも。また、本体下部の脚は取り外し可能だそうです。

スピーカーの音をより豊かに

『iPhone』を挿入するスタンドと聞くと「スピーカーの音がこもらないのかな?」と心配になりますが、ご安心を。スタンド内部には『iPhone』のスピーカーと接する場所にスリットが設けられており、より大きく豊かなサウンド響かせてくれるんだそうです。これなら簡易的なスピーカーとして使えるかも?

アナタのiPhoneにもきっとマッチするはず?

『Retroduck』は2サイズ用意されており、通常モデルは『iPhone 6』『iPhone 6s』『iPhone 7』に、iPhone Plus用モデルは『iPhone 6 Plus』『iPhone 6s Plus』『iPhone 7 Plus』に対応しているそうです。本体カラーはクラシック・ブラウン、ポップ・レッド、モノ・ホワイトの3色。また、『iPhone 8』やAndroidスマホに対応する製品も開発中とのこと。

冒頭でお伝えしたとおり『Retroduck』はすでに資金募集に成功しています。現時点では早割価格(アーリーバード)として32ドル(約3500円)の出資で通常モデルを、35ドル(約3900円)の出資で『iPhone Plus』用モデルが入手できます。2017年12月の出荷が予定されており、全世界に配送してくれるそうですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『Retroduck』プロジェクト情報サイト(英語)