カジノの街ラスベガス。スマホショップへ導くのは歌うタクシードライバー!?【山根康宏のケータイ西遊記:第18回】

ケータイ西遊記 -第18回- アメリカ/ラスベガス編

携帯電話研究家・山根康宏が、世界各地でお宝ケータイに出会うまでの七転八倒デジタル放浪記。

「山根康宏のケータイ西遊記」連載記事一覧

 

【ラスベガスで購入した端末】


Nokia Lumia 2520
販売価格(2014年1月当時):499ドル
あのノキアが出していたタブレットだがLTE内蔵で単体通信できる、スマホの親玉と言える存在。ドライバー行きつけの店で実機を触り、そのあと正規店で購入した。

カジノの街ラスベガス
スマホを探しに街中へ

カジノやショーを目当てに世界中から多くの観光客が集まるラスベガス。そんな客を目当てにブランド品や土産品を売るショッピングモールも、街中にはたくさん連なっている。だが、そんなラスベガスの中心部で、スマホを買おうとすると大変だ。アップルストアがある以外、スマホを売っているような店は存在しないのだ。


▲巨大ショッピングモールが多いがスマホが買えるのはアップルストアくらい。

自分がラスベガスへ行く目的は、年に何度か行われる展示会取材。その取材の合間にカジノでお金を使うくらいなら、アメリカならではのスマホを探索をしたいもの。しかし、そのためにはカジノ街からちょっと離れた地元の人向けのショッピングモールへ行かなくてはならない。初めてラスベガスを訪問した時は土地勘が無く、カジノホテルからモールまで歩くこと1時間。汗だくで到着したが、家電量販店に並ぶスマホの山を前にすると、疲れなど一瞬で飛んでしまう。どれを買おうか悩みながら至福のひと時を過ごしたあとは、フードコートでアメリカンな中華料理を頬張れば、その日は自分にとって最高の休日になるのだ。

その後は路線バスが走っていることも知り、展示会が終わった夕方からバスでモールまで出かけたり、帰国最終日の朝にホテルからモールへバスで往復するなど、ラスベガスの移動に路線バスは欠かせない存在になった。運転間隔は20分〜30分で本数は少ない。今ならスマホアプリでバスがいつくらいに来るかもわかるようになり、バス移動も楽になっている。

しかし時間が無いときはタクシーを使ってモールまで一走りすることもあった。これも今ならライドシェアサービスを使うが、数年前まではタクシーのみが好きな時間に自由に移動できる移動手段だったのだ。


▲モール巡りはバスかタクシーを使う。

陽気な運転手との出会い
スマホは彼らの必需品

ラスベガスでタクシーに乗り込めば、ドライバーが必ずといっていいほど話しかけてくるが、そこから思わぬ情報を得ることもある。「どこまで」「ウォルマートまで」「食品の買い込みかい?」「スマホを買いにいくんだよ」「え、わざわざスマホを買いにタクシーに乗ったのか!」こんな具合に驚いてくれたらこちらのもの。何かしら関心を持ってもらえるからだ。

あるときは「おれの友人が代理店やってるからそこへ連れて行ってやるよ」と、地元の人しかいかないような小さい店へ連れていてもらったこともあった。その店にはカタログ落ちしたやや古いモデルも販売されており、思わぬ掘り出し物を見つけることも出来た。また、「おれもスマホ大好きで半年ごとに買い替えてる」というドライバーの車に乗った時は、「この前の発表会、あれは納得いかないよなあ」などと最新モデルのメーカー発表会について、議論に夢中になったこともあった。タクシーのドライバーは意外にもスマホ好きが多いのだ。一日中一人で運転してるからこそ、外と連絡が取れるスマホへの愛着が人一倍湧くのだろう。


▲ドライバーに連れられ地元のケータイショップに行ったこともあった。

ラスベガスらしいタクシーに乗ったこともある。なんとドライバーが歌を歌ってくれるのだ。とあるドライバーは歌詞カードも用意し、客に選ばせる本格派。だが、こちらもノリを合わせて手拍子や掛け声をかけねばならず、実はあまり楽しめなかった。歌手を目指して断念して、今はドライバーをやっているのだろうか。降りるときはチップを多めに渡したのは言うまでもない。

一方、こちらから進んでチップを渡したドライバーもいた。乗り込むや否や「ジェントルマン、お前が一番好きなものは何だ?」と、いきなり話しかけてきたのだ。「ええと、スマホかな」と答えると「困ったな、スマホか、じゃあこんなのどうだ」と、彼は走り出しながらアカペラでラップを謳いだした。歌には「RingRing」という掛け声が混じっている。そして歌いながら「どこへ行く?」と聞いてくるのだ。こちらも「ベストバーイ」のようにノリで答えてしまう。こんなドライバーばかりだったら、ラスベガスでスマホを買うのも毎回楽しみになる。いつか再び彼の車に乗ってみたいものだ。

文/山根康宏

山根康宏(やまねやすひろ):香港在住の携帯電話研究家・ジャーナリスト。世界の携帯電話事情を追い求め、1年の約半分を海外で過ごす。携帯電話1500台、SIMカード500枚以上を所有するコレクターでもある。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋