ラジコンに乗りこめ!? 京商、一人称視点でRC操縦ができるライド型コントローラーを発表

その名も『KYOSHO RC RIDE-ON SYSTEM 4D EXPERIENCE』だっ!

俯瞰視点からコントロールするのが当たり前だったラジコンを、まるで乗りこんでいるような感覚で操縦できる仕組みが登場します。それが京商の搭乗型コントローラー『KYOSHO RC RIDE-ON SYSTEM 4D EXPERIENCE』(京商RC RIDE-ON SYSTEM)。ドローンレーサーやR/Cカーに搭載された無線カメラの映像はもちろん、振動、揺れ、傾き、音まで体感しながらラジコンを楽しめる夢のシステムで、2017年9月29日(金)から10月1日(日)に開催される「第57回全日本模型ホビーショー」に参考出品されるとのことです。

オンボードモニターと無線カメラは1万円台で発売

『京商RC RIDE-ON SYSTEM』の一人称視点が実現できたのは、11月に発売が予定されている『2.4GHz FPVシステム KYOSHOオンボードモニター』のおかげ。これは無線カメラとモニターがセットになった製品で、ラジコン側に搭載したカメラの映像を、プロポ(ラジコン送信機)側のモニターで確認できる新製品とのことです。2.4GHz帯の電波を使うことでアマチュア無線の資格がなくても使用可能、かつ画像の遅延を抑制したFHSS方式を採用しているのが大きな特徴なのだそう。

▲ 2.4GHz FPVシステムKYOSHOオンボードモニター

さすがに大掛かりな『京商RC RIDE-ON SYSTEM』は参考出展ながら、こちらのオンボードモニターは1万1000円(税別)という比較的お手頃な価格で販売されるとあり、これだけでもラジコン体験を一変させてしまいそうな予感(バッテリーUSBチャージャー付​モデルは1万4000円)。カメラの配線も電源に取り付けるだけの手軽さがウリなんですって。

なお、無線カメラの解像度は480×272ドット、フレームレートは30fpsで画角は60度。スペック上はそこまで高画質と言えないものの、その臨場感やスピード感はきっと異次元の体験となることでしょう。その迫力を自らの目で確かめたいなら、東京ビッグサイトで開催される全日本模型ホビーショーの京商ブースに足を運ぶしかないですよね!

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

京商RCは見るから乗るの時代へ。今まで誰も体感したことのない4Dの世界へようこそ。(京商株式会社のプレスリリース/PR TIMES)