スマホなのに折りたたみ!?『Mode1 RETRO』はハイブリッドなSIMフリー端末

懐かしのパカパカ体験、ふたたび。

すでに携帯電話コーナーの主役がスマホになってから長い年月が経ちましたが、それでもパカパカと開く折りたたみケータイの使い心地が忘れられないという方もいるはず。そんな方にうってつけかもしれない、折りたたみ携帯のスタイルなのに機能はスマホというハイブリッド端末『Mode1 RETRO』が、ピーアップが運営する携帯ショップ「テルル」にて2017年9月25日から先行販売されています。価格は1万9900円(税別)。本体カラーはブラックとホワイトの2色です。

懐かしくも新しいスタイルの実現

2つに折りたためる、いわゆる折りたたみ携帯の『Mode1 RETRO』。いわゆる「ガラホ」とは一線を画するこの端末の特徴は、物理キーボードだけでなく、タッチディスプレイでも本体の操作が可能なことでしょう。さらに「Google アシスタント」やテキストの音声入力機能を呼び出す物理キーも搭載。シチュエーションに応じたさまざまな操作方法に対応しています。

3.5インチディスプレイ搭載で4G対応

ディスプレイには約3.5インチ、WVGA解像度のIPS液晶を採用。1.1GHz駆動でクアッドコアプロセッサ「MT6737M」が搭載され、メインメモリが2GB、ストレージが16GBとなっています。脱着式バッテリーの容量は1650mAh。OSにはAndroid 7.0が採用されています。通信方式は2G/3Gに加えて、4G(FDD-LTE:B1/B3/B8/B19)にも対応。本体はサイズが幅56×高さ120×厚さ18.1mmで、重量約141gとなっています。ちなみにメインカメラは800万画素。

高級感ただようデザイン

本体素材には端末の端側にカーボン調素材を、そしてヒンジ近くには木目調素材を組み合わせた“ハイブリッド”デザインを採用。飽きがこず、長く使えそうな外観ですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Mode1 RETRO』プレスリリース
『Mode1 RETRO』製品情報サイト