ビクトリノックスと過ごす街、ときどき自然
Holiday with VICTORINOX

VICTORINOXと過ごす、ときどき自然
「I.N.O.X. プロフェッショナル ダイバー」で

爽快、水遊び!

ハードなウィークデイを過ごしたら、週末は家族や友人と自然のなかへ──。
特にこれからの季節、川や海で遊べば心地良い水の冷たさが気持ちをリフレッシュさせてくれる。
そんな週末の相棒には「I.N.O.X. プロフェッショナル ダイバー」がいい。
アクティブ感あふれるルックスと高い性能が、水遊びをしっかりサポートしてくれるはずだから。

今やブランドの旗艦コレクションのひとつに成長を遂げた「I.N.O.X.」。130ものハードな耐久性認証テストをクリアしたタフさが最大の特徴で、ビクトリノックスが創業130周年を迎えた2014年にデビューした。

以来、チタンやカーボンケースを採用したモデルや、機械式ムーブメントを搭載したモデル、さらにはレディスモデルまで、多彩なラインナップを展開。そのなかでも、水辺のアクティビティにおける最高のパートナーになるのが「I.N.O.X. プロフェッショナル ダイバー」だ。

このモデルは200mの防水性能を実現しているのみならず、潜水時間を計測するための逆回転防止ベゼルを装備し、さらにダイヤルは海中における時刻の判読性を高めるデザインになっているなど、まさにプロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチ。ゆえに日常での使用ではオーバースペックだが、だからこそアウトドアアクティビティではその実力を遺憾なく発揮する。

パックラフトやサップを楽しむなかで水しぶきがかかるのはもちろん、水に浸かっても問題なし。ケースも数々の耐久性試験をクリアしているので、バンパーを装着すれば、万が一岩肌などにぶつけても破損を防いでくれる。しかも、一部モデルに採用されているパラコードストラップは、パラシュートのサスペンションラインに使用されていた耐荷重250kgの高強度コード。いざというときにはストラップを解いてツールのひとつとして利用でき、その独特なデザインはアウトドアファッションのアクセントにもなる。まさに、爽快な水遊びのパートナーとして死角のない時計なのだ。

サイトから水辺などへのちょっとした移動には軽量なバックパックが重宝する。「アルトモント アクティブ ライトウェイト コンパクト バックパック」(1万2000円)はフロントにドローコードを備え、ツールやウェアを引っ掛けたり挟んだりすることも可能だ。


ビクトリノックス・スイスアーミー
I.N.O.X. プロフェッショナル ダイバー

9万2000円(パラコードストラップ)
8万8000円(ラバーストラップ)
ダイバーズウォッチの規定であるISO6425認定を受けたプロフェッショナル仕様。シンプルで判読性の高いレイアウトに加え、蓄光塗料を塗布したインデックスと時分針によって暗がりでも高い視認性を確保。スタンダードなルックスながらも、パラコードや鮮やかなラバーストラップでアクティブな雰囲気に。ケース径45mm。

ケース素材はサンドブラスト加工を施したステンレススチール。強靭な素材と15.7mmのケース厚が醸すマッシブなルックスも所有感を充足させる。
耐傷性の高いサファイアクリスタルは、アウトドアアクティビティに最適な仕様。しかも無反射トリプルコーティングを施しているので、太陽の下でも確実に時刻を読み取れる。
パラコードストラップは斬新なルックスもさることながら、耐荷重250kgを誇る実用的パーツ。いざというときには織りを解いて切れた靴紐の代用などにも活用できる。

VICTORINOXで楽しむ野外の団らん
ナイフ&カトラリーで

愉快ごはん

思う存分に水遊びを楽しんだら、
午後はもうひとつのメインイベント、キャンプごはんを。
そもそもナイフのワークショップを出自としているビクトリノックスだけに、
キッチンナイフのコレクションは充実しており、
さらに現在はテーブルウェアも豊富。
アウトドアの食卓を美味しく、楽しく彩ってくれる。

たっぷりのキャンプ道具と家族3人を悠々運んでくれるボルボのプレミアムSUV「XC90」。2列目と3列目のシートは、折りたたむことが可能。最大7人まで乗れる。価格は789万円〜。
ホールアースのテント/3万7000円、チェア/2768円、以上 (問)ホール アース.0120-000-813 ハウスオブマーリーのスピーカー(ウッド)/1万1000円 、スピーカー(花柄)/5500円、以上 (問)完実電気.050-3386-6838 ペトロマックスのランタン(大)/2万6000円、ランタン(小)/3600円、エナメルプレートセット/2900円、マグカップ/各1700円、ダッチオーブン/1万1000円、以上 (問)スター商事.03-3805-2651 バッシュのラグ/3万3000円、椅子にかけたクロス/1万2000円、テーブルに敷いたクロス/1万2000円、以上 (問)バッシュ.03-6421-2835 アウトプットライフのテーブル/2万7000円、ソファ/各1万2000円、以上 (問)アウトプットライフ.03-5577-3319 チービーのキャップ/3800円 (問)チービー.0568-68-7005 オークリーのサングラス/2万3000円 (問)ルックスオティカジャパン.0120-009-146 ティグル ブロカンテのTシャツ/9000円 (問)ティグル ブロカンテ.092-761-7666メレルのサンダル/1万3000円 (問)丸紅フットウェア.03-3665-0086 オムニゴッドのスカート/1万5500円 (問)オムニゴッド代官山.03-5457-3625

 

ビクトリノックスの起源はスイスで1884年に開設されたナイフのワークショップだ。やがて1897年に発表された、現在のマルチツールの原型となるオフィサーナイフが特許を取得しており、これが130年以上にわたる輝かしい歴史のターニングポイントとなる。

創業から一貫して100%スイスメイドをポリシーに、金属加工にに携わってきたブランド。マルチツールのイメージが先行してしまうが、一方でキッチンナイフも長年、開発・改善を繰り返してきたバックボーンがあり、幅広いアイテムを展開し、高い支持を獲得している。家庭用のキッチンナイフやテーブルナイフはもとより、カッティングボードなどアーバンデザインなアイテムをラインナップ。革新性や妥協のない品質を追求してきたブランドだけに、そのクオリティには定評がある。

そんな信頼性の高いナイフだからこそ、自宅のキッチンはもとより、キャンプに連れ出しても使い勝手のよさを実感する。“週末の料理男子”が作る豪快な塊肉の料理も美しくスライスでき、その切れ味で味の感じ方まで変わってくるのがうれしい。樹脂製のグリップは使いやすい設計でとても衛生的だ。ナイフを軸とするキッチンツールは現在、キッチンはさみやピーラー、グレーター、フォークまで、バラエティ豊かなラインナップで展開。いずれもビクトリノックスらしい切れ味と使いやすさなので、キャンプにも積極的に持っていきたくなる。完成した料理は必ずや、家族や友人の笑顔を生み出すはずだから。


ビクトリノックス
オールラウンダーカッティングボードL

5200円
ナイフメーカーが手がけるカッティングボード(まな板)だけに、ナイフのブレードにやさしい作り。ボードの周囲には溝を設けており、肉汁などがキッチンカウンターにこぼれない配慮も。素材には環境にやさしいウッドファイバーを採用し、ディッシュプレートとしても利用できる。サイズW368×H7×D286mm。


ビクトリノックス
「スイスモダン」カービングセット 2ピース

1万8000円
カービングフォークとナイフのセットは、豪快な肉料理でもてなすキャンプに携行したいアイテム。二股のフォークが厚みのある肉もしっかりと固定し、モダンなデザインでありながら人間工学に基づいたウォールナットのハンドルは握りやすく、野外調理でも使いやすさを実感。ナイフ長22cm、フォーク長15cm。


ビクトリノックス
グルメナイフ・フォークセット

2800円
テーブルナイフは手にしっくりと馴染み、先端まである波刃で肉を簡単に切ることができる。握りやすく軽量なポリプロピレン樹脂を採用しているので、キャンプに持っていくのにも便利。グリップの鮮やかなレッドも食卓に彩りを添える。ナイフ長22.3cm、フォーク長20cm。

ビクトリノックス
ハントマン

4640円
缶切りや栓抜き、コルク栓抜きなどを搭載し、キャンプでの食卓でも重宝するのがマルチツール。「ハントマン」はビクトリノックス製マルチツールの代表的モデルのひとつ。全13機能を搭載。グリップ長91mm。


自然に出るなら忘れちゃいけない
マルチツールで

痛快、キャンプ!

テント泊のキャンプなら、美味しいキャンプごはんとともに、お酒だってのんびりと楽しみたい。
川で冷やしたビールもいいけれど、木々のなかで飲むワインもまた格別だ。
そんなときに便利なのが、ビクトリノックスのマルチツール。
ワインの栓抜きをはじめ、アウトドアアクティビティでの“万が一”をスッキリと解消してくれる。

創業からわずか13年後の1897年にオフィサーナイフを発表して以降、マルチツールはビクトリノックスの旗艦プロダクトとなった。1931年にオートメーションによる生産体制が確立すると、安定した高品質ナイフの供給が可能となり、その後は世界中で人気を獲得。1977年には、オリジナル・マルチツールがニューヨーク近代美術館(MoMA)にも展示されるなど、完成されたデザインも認められている。

多彩な機能を長さわずか10cm程度の本体に収納でき、必要なときに必要な機能だけを引き出して使用できるその利便性は、一度でもマルチツールの恩恵に与った人であれば実感するはず。特にキャンプや海外出張など、日常から離れた場所で過ごすときにはなおさらだ。必要なのにツールがない──そんな“いざというとき”の助けになるのがマルチツールなのだ。

現在、ビクトリノックスのマルチツールは、80を超える機能を搭載したものから、機能を絞り込んだモデルまで幅広いラインナップを展開しているが、なかでもキャンプや海外渡航に便利なのが「ハントマン」。大小のブレードをはじめ、2サイズのドライバー、缶切り、栓抜き、コルク栓抜き、はさみ、ピンセットなど、15種類の機能を搭載するモデルだ。ウィークデイに持ち歩くバッグにはもちろん、キャンプ地に行く際に携行するバックパックにもこれ1本を忍ばせておくだけで不安は解消。痛快なアウトドアアクティビティを存分に楽しめるはずだ。

ビクトリノックス
ハントマン

4640円
「オフィサーナイフ」のコンセプトを継承する代表的モデル。大小ブレードに加え、はさみとのこぎりを搭載したことで、アウトドアアクティビティをサポート。缶切り、2サイズのマイナスドライバー、栓抜き、ワイヤーストリッパー、リーマー、コルク栓抜き、マルチフック、つまようじ、ピンセットなど全15種類の機能が付く。グリップ長91mm。

キャンプ地に行く際に携行するバックパックにマルチツールを入れたままにしておけば、いざというときにすぐ取り出して使える。写真は1泊程度のキャンプに便利な「VXツーリング バックパック」(2万2000円)。

 

FUNCTION 1

野外はもちろん、旅先や自宅でも、あって良かった実感するのがコルク栓抜き。本体がちょうどいいサイズで手に収まり使いやすい。

FUNCTION 2

押し引きのどちらでも切断でき、コンパクトながら太い木材もしっかりと切れるのこぎり。薪を細かくカットしたいときに便利だ。

FUNCTION 3

ブレードはラージとスモールの2種類を搭載。切れ味も鋭く、ちょっとフルーツをカットしたいときにもすぐに使える。

FUNCTION 4

ペグを引き抜きたいときにはマルチフックが便利。グリップへの指掛かりがよく簡単に引き抜ける。缶のプルタブを起こしにも重宝。

FUNCTION 5

火を起こしている最中にうっかりトゲが刺さってしまった。そんなときにもピンセットを使えば、細かいトゲを抜くことができる。

FUNCTION 6

ビールを買ったのはいいけれど、肝心の栓抜きがない……なんていうのはよくある話。「ハントマン」には栓抜きもちゃんと装備。

FUNCTION 7

搭載されているマイナスドライバーは3mmと6mmの2種類。キャンプチェアがガタつくようなときにも簡単に締められる。

FUNCTION 8

意外と重宝するのがはさみ。余ったロープをカットしたり、うっかり伸びたままの爪を切るときなどにも使えるのだ。

and more…

※価格はすべて税抜き表記です