世界よこれがイタリアだ!最新コレクションに見る伝統のデザイン思想【デロンギのデザイン哲学】

奇をてらっているわけではないが、明確なオリジナリティを感じさせるデロンギのデザイン。そこにはどのような思想が込められているのか。明確なテーマを持つ3つのコレクションとデザインに関するキーパーソンの言葉を通して、その秘密を探る。

イタリアの歴史や文化を色濃く反映したデザイン

一見シンプルで生活シーンに溶け込むデザインでありながら、確かな存在感がある。そんなデロンギの家電製品には、明確なデザイン哲学が備わっている。同社のシニアデザイナーであるフランチェスカ・チェスターさんは、それを“イタリア二ティ”と言う言葉で表現する。

「デロンギでは、イタリアにある歴史的な建造物や、アートの作品、歴史などを細かく分析しています。その影響を受け継ぎつつ、ファッション的な要素なども加えた独自のデザイン哲学が“イタリアニティ”です」
 
デロンギのデザイナーは、大半が本社があるイタリア・トレヴィゾ周辺地域の出身。これもデザインの考え方を徹底するためだという。

「昔からこの地域は工業デザインに強く、職人などが多く住んでいました。デザインというのは、その人の生き様が色濃く出るもの。地域の文化や歴史などが、生まれもってDNAに刻まれている人がデザインすることが正しいと思っています」

この思想をコアに、地域ごとに細かなローカライズも行う。確固たる意思と柔軟な姿勢が、デロンギのデザインを支えているのだ。

Distinta COLLECTION

デロンギならではの ニュークラシック

落ち着いたカラーと美しいフォルムで、洗練された印象を与えるコレクション。「スタイル」「未来」「エレガンス」「高潔さ」といったキーワードでデザインされ、デロンギの「ニュークラシック」と位置付けられる。一見シンプルな形状ながら、細部に高度な加工技術が用いられ、絶妙なデザインバランスを生み出している。4色展開。


▲操作性も考慮し、ダイヤルや表示もシンプル。


▲スクエアとサークルが融合した「スクエアクルデザイン」が特徴。13段階もの工程があるモールディング技術が用いられているのだ。

 

ACTIVE SERIES

鮮やかなカラーで毎日をアクティブに

キッチンで目を引くカラーとすっきりした形状が特徴的なコレクション。いずれも日本のキッチンスペースを意識した小型サイズながら、くっきりとした色使いは明確な存在感があり、アクティブな印象を与えてくれる。パッション レッド、トゥルー ホワイト、インテンス ブラックの3色展開。
※ポップアップトースターは2018年発売予定


▲ボディ部分に配されたステンレスリングやメタリックなボタンが、デザインのアクセントとなっている。


▲3色ともボデイは艶やかな仕上げになっていて、独特の高級感を醸し出している。

icona COLLECTION

洗練されたフォルムで美意識と五感を刺激

古き良きイタリアンデザインのエッセンスが詰まった、世界的に人気を博しているコレクション。エレガントかつ洗練された曲線や光沢感のある鮮やかなカラーによって、使う人の美意識や五感を刺激。置くだけでキッチンを華やかな雰囲気に変えてくれる。レッドとブルーの2色展開。


▲操作や手入れがしやすい形状など、いずれも使い勝手をしっかり考慮しつつ、美しいデザインにまとめ上げている。


▲ボタンやつまみ、表示部分に見られるクラシックな意匠も特徴的。

【クラシックテイストな「アイコナ・ヴィンテージ・コレクション」も人気!】
アイコナ・コレクションと同形状ながら、カラーリングや細部の意匠をクラシックなテイストに変更。懐かしさや優しい雰囲気に加え、田園風景や海岸線などイタリアの豊かな風土を思い起こさせる。オリーブグリーン、アズーロブルー、ドルチェベージュの3色展開も注目だ。


ポップアップトースター CTOV2003J
実勢価格:1万5984円


電気ケトル KBOV1200J
実勢価格:1万584円

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

文/高橋 智