もはやモバイルグリルと呼びたい。片手で持ち運べる『UNA Grill』の圧倒的な機動力

価格の安さも注目ポイントです。

野外でのグリル調理はいつでも楽しいものなのですが、機材の運搬や片付けなどが面倒なのもまた事実。もっと手軽に持ち運べるグリルがあったらいいのに……と思っていたところ、なんと片手で軽々持ち運べるモバイル志向なグリル『UNA Grill』が、クラウドファンディングサイトのIndiegogoに登場していました。こちらはすでに資金調達に成功しており、本体カラーはカラフルな5色から選択可能です。

小さくてもちゃんとグリル

『UNA Grill』はステンレス製のプレートと木炭などを入れる火床、本体ケースから構成され、少し手狭ではあるものの、これひとつで肉や野菜、魚のグリルが楽しめるというスグレモノ。より荷物を減らすためにも、あらかじめ内部に燃料を入れて持ち運ぶのがいいでしょう。

楽々設置~楽々片付け

本体構造はとてもシンプルになっており、本体ケースを取り外して火床の下部に合体させれば、すぐにグリルが楽しめる簡単さが魅力的。コンパクトな本体は食器洗浄機などで洗えるので、使用後のお手入れも手間いらず。

とことんコンパクトで持ち運びや収納に便利

本体サイズは長さ430×幅160×高さ90mmで、重量は3.7kg。これならクルマだけでなく、自転車のかごやリュックに入れての持ち運びもできそうですね。また持ちやすいように、本体ケースにはレザー製の取っ手も装着されています。

Indiegogoで99ユーロ(約1万3000円)を出資すれば入手可能……のはずなのですが、残念ながら日本への配送には対応していない模様。うーん、なんでだろう?

文/塚本直樹

関連サイト

『UNA Grill』プロジェクトページ(英語)