同志社小学校の生徒90名が修学旅行で
シャークニンジャ、ボストン本社を電撃訪問した理由

新島襄とシャークニンジャの気概や信念が共通

新島襄という人をご存知ですか? 国家の改革者、日本の近代化の先導者になろうと幕末にアメリカに渡り、神学校でキリスト教を学んで宣教師になった歴史上の偉人。キリスト教の人間形成が近代国家の形成に果たす役割の大きいことを認識した彼は、1874(明治7)年、宣教師として帰国し、キリスト教の教えを広めるとともに、日本の近代化のリーダーとなる人物の育成を目指して、1875(明治8)年11月、京都の地に同志社英学校を設立した人物です。

そんな同志社小学校に学ぶ生徒90名が2019年6月、シャークニンジャのボストン本社を訪れました。なぜ? と思われるかもしれませんが、これは同校の修学旅行中の活動の一環。生徒達が同志社の創立者である新島襄氏のアメリカでの足跡を辿る旅の途中、彼同様、アメリカ国内だけでなく、海外に目を向けて挑戦する家電メーカー「シャーク」の気概や信念が、新島氏のそれとリンクするということから共感。今回初めての企業訪問が実現したというわけです。

生徒達はシャークニンジャのボストン本社で、「消費者に寄り添った製品開発」により世界進出を果たしている当社の考え方を学びました。その後、生徒達はは本社内を見学し、シャーク社員との交流を深めます。 生徒達からは驚くほど多くの質問が飛び出し、シャークの社員はその好奇心の強さと向上心の高さに深い感銘を受けたとのこと。

家電メーカーを訪れるという同志社の修学旅行も面白ければ、それをウェルカムで受け入れるシャークの懐の深さもいいですね。パパ目線でもこんな修学旅行を子供に体験させたいものです。

●シャーク公式オンラインストアでお得すぎるセット販売実施中!https://direct.shark.co.jp/i/IF185J-WV251J
ちなみに、そんなシャークは現在日本の掃除機市場をかき回す台風の目として注目度のもっとも高いメーカー。その気概などを感じたい人はぜひスティック掃除機EVOFLEX S30とハンディ掃除機EVOPOWER W30(シルバー)を手に入れてみてはいかが? 通常価格7万2360円のところ、今なら両方で4万9680円とかなりお得に変えちゃうキャンペーン実施中(7月28日まで)。