この小屋が約13万円で建てられるんだってさ! さあ秘伝のガイドブックを手に入れろ

雨風はきちんとしのげそうです。

海外の映画なんかには移動式のトーレーラーハウスに住んでいる人が登場したりしますけど、「人は土から離れては生きられないのよ……」という言葉にもあるように、やはり地面にしっかり根を下ろす住居を手に入れたいじゃないですか。それなら、たったの1200ドル(約13万円)、あるいはそれ以下で自作できるという手作りの小屋『Aフレーム・バケーションキャビン』の製作にチャレンジしてみるのはいかがでしょう?

ガイドブックを読んで理想の小屋を作ろう

『A-Frame Cabin』は、小屋そのものではなく製作ガイドブックを販売するという風変わりな商品。購入者はこれを読みながら自分でパーツを集めて自作するわけですね。ちなみに1200ドルというのは市販の木材を使った場合の建設コストで、廃材やリサイクル材などを利用すれば1000ドル以下でも同等の小屋を建てられるそうですよ。

小屋のサイズは幅約3×奥行き約2.4mと、ぶっちゃけかなり手狭な感じ。でも片方の屋根を跳ね上げて開放すれば、足を伸ばせる広々としたオープンスペースが出現します。ここには蚊帳を設置できるので、虫が気になる環境でも安心して利用できます。

小さくたって、内部は快適

屋内を見回すと、ちょっと腰掛けられるような収納ボックスや、小物を置ける棚がありますね。ドアと部屋の奥には大きな窓が設置され、採光性も良さそう。別バージョンとして内部スペースを拡張したもの、バスルームや大きなロフトを備え付けたものも作れるのだといいます。

公式サイトからは、オンラインバージョンの製作ガイドブックを29.95ドルでダウンロード可能。印刷バーションのガイドブックも40ドル〜45ドルで販売されているのですが、残念ながらこちらはアメリカとカナダ以外には配送していないそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『A-Frame Cabin』情報サイト