2匹あればステレオ再生もできるワン。フレンチブルドッグ型Bluetoothスピーカー『Aerobull』

家の中が賑やかになりそうです。

フランスのデザインオーディオブランド「Music Life」によるフレンチブルドッグ型スピーカー『Aerobull』シリーズが、国内販売されることになりました。価格は中型サイズの『Aerobull XS1』が7万9000円(税別)、大型サイズの『Aerobull HD1』が23万円(税別)。うーん、けっこういいお値段ですねー。

本体カラーはグロッシーホワイト、マットブラック、グロッシーレッドの3色で、発売時期は『Aerobull XS1』が2017年9月下旬、『Aerobull HD1』が10月中旬を予定しています。

存在感抜群のワンコ型スピーカー

サングラスをかけたフレンチブルドッグがモチーフの『Aerobull』。音源とはBluetooth経由で接続し、高品質な「aptX」「AAC」、汎用性のある「SBC」などのコーデックに対応しています。さらに「True Wireless」機能により、2台のスピーカーによるステレオ再生も可能なんです。

中型サイズの『Aerobull XS1』は内蔵した30mm×2と65mm×1のオーディオドライバーを、合計120ワット(30ワット×2+60ワット×1)の2.1チャンネルアンプで駆動。周波数特性は60Hz〜20kHzとなっています。

本体サイズは高さ30.5×幅21.0×奥行き24.5cmで、重量は1.8kg。内蔵バッテリーで約10時間の連続再生が可能です。

存在感に圧倒される大型モデル

大型モデルとなる『Aerobull HD1』は、本体サイズが高さ64.1×幅43.5×奥行き67.0cmで重量は10.0kg。中型モデルの約2倍の大きさと存在感抜群で、お部屋の雰囲気を一変させてくれること間違いなしです。

本体には50mm×2と133mm×1のオーディオドライバーを搭載し、2.1チャンネルアンプの合計出力数は200ワット(50ワット×2+100ワット×1)。周波数特性は43Hz〜20kHzとなっています。

文/塚本直樹

関連サイト

『Aerobull』製品情報サイト