差し込むだけでOK!十徳ナイフに着火機能をプラスするアイデア商品

あの「つまようじホルダー」の有効な使い道がようやく!

ビクトリノックスに代表されるアーミーナイフ。いわゆる十徳ナイフですが、これにはグリップ端につまようじやピンセットを収納するホルダーがあります。でも正直、それほど利用頻度は高くないんですよね。というわけで、あの収納スペースに挿入できる「ファイアスターター」『Firefly』を収納するっていうのはいかがでしょう?

『Firefly』はクラウドファンディングサイトのKickstarterで、目標金額に到達間近のプロジェクトとなっています。

ガリッと引っ掻いて火おこし

そもそも「ファイアスターター」とは、マグネシウムでできた本体をナイフなどでガリッと引っ掻いて火花を飛ばし、焚き火やグリルの火おこしをするアウトドアグッズ。まさに、アーミーナイフと一緒に持ち歩くのにピッタリなんです。『Firefly』も本体サイズこそ小さいものの、引っ掻けば派手な火花を散らしてくれますよ。

アウトドアでの利用を考えた工夫も

『Firefly』のつまみ部分には蛍光塗料が塗られているので、暗闇で落としたとしても見つけやすくなっています。また繰り返し使って本体がすり減ったとしても、そうそう折れない長寿命仕様なのだそう。

ナイフの長さにあわせて2種類が登場

『Firefly』には小さなアーミーナイフに収納できる『Firefly Mini』も用意されています。今回のプロジェクトが成立した際には、『Firefly』と『Firefly Mini』どちらも14ドル(約1600円)の支援で3本セットが入手できます。なお通常サイズの『Firefly』は2018年2月、『Firefly Mini』は2018年1月の出荷が予定されており、日本からも入手できるみたいですよ。

関連サイト

『Firefly』プロジェクトサイト(英語)