生活家電の識者オールスターズが教える 家電の正しい使い方 – 第2回 冷蔵庫

家電は新製品に買い換えることで生活は確かに便利になるかもしれない。ただ、ちょっと待った? 今ある家電を本当にちゃんと使えてますか? そもそも家電は単にスペックが良ければいいものではなく、それぞれのライフスタイルに合わせて、ちゃんと使えてこそ暮らしを楽にするもの。

ここでは生活家電を代表するプロたちと、家電王としてお馴染みの中村剛氏が主催する東京電力エナジーパートナーの動画マガジン「くらしのラボ」がコラボして、身の回りにある家電の正しい使い方を伝授します。

記事と一緒に「くらしのラボ」動画を見れば
今日より明日の暮らしがもっと良くなる!

  • 暮らしに役立つ家電の使い方や情報を家電王が伝える動画マガジン日々の暮らしをより快適にする家電の数々。そんな家電の選び方や使い方、そしてメンテナンス方法までしっかりと動画で紹介しているのが、東京電力エナジーパートナーが運営している動画マガジン「くらしのラボ」だ。
     
    くらしのラボへGO!!

開けっ放しで電気代を食うのは昔の話
最新冷蔵庫はもはや巨大な調理家電!
上手に使えば食品ロスも防げて節約に

近年の冷蔵庫は、省エネ仕様は当たり前。さらに多機能化が進み、巨大な調理家電としての役割も果たすようになってきた。一方で、大容量になりすぎて奥まで見えず、使い忘れるという新たな問題も。きちんと整理して食品ロスを防ぎ、無駄なく賢く冷蔵庫を使す方法を、家電+ライフスタイルプロデューサー 神原サリーさんが紹介する。


1年365 日通電したままの冷蔵庫の電気代が気になっていたのは一昔のこと。省エネ仕様が当たり前になり、10年前の半分程度になっている。今大切なのは電気代より、いかに冷蔵庫を上手に使いこなして食品のロスを防ぐかどうかだ。買い物から帰ったらやみくもに冷蔵庫に食材を詰め込まず、きちんと整理して入れるようにすれば、使い忘れを防げるだけでなく、家族の誰もが取り出しやすくなって子供のお手伝いのきっかけにもなる。また、野菜も時間があるときや料理のついでに多めに刻んで冷凍しておけば、そのまま炒め物に使ったり、汁物の具にしたりと下ごしらえの手間がぐんと省けて便利だ。

さらにスマートフォンの冷蔵庫用アプリを使えば、在庫管理も楽々。購入して何日経ったかもわかり、献立を考えたり買い物メモになったりする。最新の冷蔵庫はお弁当を急冷できるモデルや、野菜がよりおいしく保存できるモデル、独自の冷凍機能でデザートづくりにも役立つモデル、好みの温度帯にカスタマイズできるモデルなどラインナップも多彩だ。夏はコンプレッサーに負荷がかかって冷蔵庫が壊れやすい時期でもある。購入から10年経っているなら、今から最新モデルをチェックして暮らしにあったものを選ぶようにしたい。

 

家電hacks! 1

冷蔵庫を上手に使えば
食品ロスも防げます

冷蔵庫で問題になっているのは電気代より食品ロス。使いきれずに腐らせたり、奥にあるのを忘れて二重に買ってしまったりすることも多いのでは。基本は、きちんと整理すること。さらに下ごしらえを冷凍機能にお任せすれば、食品を腐らせないだけでなく、調理もぐんと楽になる。以下に挙げる3ポイントを参考に冷蔵庫の使いこなし術をマスターしよう。

1 整理して入れれば使い忘れを防げる

冷蔵室は手前中央を空けてコの字型に収納するのがベスト。奥まで見えて手も入れやすく、ちょこちょこ掃除にも最適だ。さらに家族に「〇〇取ってきて」と頼みやすくするためにも、置き場所のルールを決めておこう。

 

2 野菜も冷凍すると料理がラクに

週末にまとめ買いした野菜は、刻んでジッパー付きの冷凍用袋に入れて保存。炒めものや汁物にそのまま使え、料理の手間がぐんと楽になる。大根など、冷凍することで味が染み込みやすくなる野菜もある。玉ねぎのみじん切りを冷凍しておけば、時間のかかる飴色玉ねぎもあっという間!

東芝の「切り替え冷凍室」なら生野菜も下茹でなしで、そのまま冷凍できる。

 

3 アプリを使って在庫管理

食品ロスを防ぐには、在庫管理が重要だ。日立の冷蔵庫専用アプリを使えば、食材の写真を撮るだけで、在庫管理が簡単に。購入後の日数経過もわかり、買い物の際にも役立つ。同社の冷蔵庫がなくても使えるので、ぜひ活用して。

 

家電hacks! 2

冷蔵庫は清潔に!
カビが食中毒の原因にも

きれいに見える冷蔵庫だが、料理の汁気や調味料をこぼしてしまうと、そこからカビが生えてしまうことも。実はシンクの三角コーナー並みに汚れているという試験結果もあり、食中毒の一因にもなっている。ここは手を抜かずに、二度拭きがいらないアルコールスプレーやアルカリ電解水を使った冷蔵庫用掃除シートを使って、こまめなお手入れを。

 

家電hacks! 3

いまやこんなに多機能に!
冷蔵庫の選び方

イマドキ冷蔵庫は大容量で省エネなのは当たり前。巨大な調理家電と言っても過言でないほど多機能になっている。お弁当づくりに便利な急冷機能や作り置きの食品が1週間おいしく保存できるパーシャル室、冷蔵室が丸ごとチルドルーム、冷凍室や野菜室の位置を自在に変えられるものなど多彩。買い物の頻度やホームフリージングをするかどうか、お弁当作りの有無など暮らしや食生活に合わせたものを選びたい。

パナソニック
パーシャル搭載冷蔵庫
NR-F605WPX

実勢価格:41万円
通常冷凍に比べ、約5倍の凍結スピードを実現する「はやうま冷凍・はやうま冷却」を搭載。手作りのおかずをおいしく冷凍したり、鶏肉などをおいしく下味つけるほか、冷たいデザートも短時間で完成する。

日立
冷蔵庫 R-KX57K

実勢価格:41万7600円
暮らしに合わせて引き出しを冷凍・冷蔵・野菜の収納に選べる「ぴったりセレクト」なら、引き出しを2段とも冷凍にすることも可能。また冷蔵室の棚全体をチルドルームに設定できるなど、ライフスタイルに合わせて変えられる。

 

家電hacks! 4

ピーピー鳴っても慌てない

冷蔵室の扉を開けっぱなしにしておくと警告のためのピーピー音がするため「早く閉めなくちゃ!」と慌ててしまうもの。でも10年前に比べて年間消費電力量が約半分程度になっているので、そこまで慌てる必要はない。開けっ放しを悪とせず、買い物したら冷蔵庫にきちんと整理して収納すること、そしてこまめにお手入れすることのほうがむしろ大切だ。

 

家電hacks! 5

冷蔵庫は夏に壊れる?
買い替えのチャンスと割り切って

夏場に窓を締め切ったキッチンの温度はかなりのもの。冷蔵庫もコンプレッサーに負荷がかかるため、夏に不具合が出ることも多いのだ。そもそも冷蔵庫の買い替えサイクルは10年前後。壊れてから慌てて買うと価格などに惑わされやすいので、新モデルに買い替えるチャンスと割り切って、壊れる前に次の冷蔵庫をセレクトしておきたい。

 

家電hacks! 6

置き場所はキッチンだけじゃない
ライフスタイルに合わせて2台めも

大容量の冷蔵庫をドーンとキッチンに置くだけでなく、使いたい場所にもう1台置くのもアリ。飲み物やおつまみなどを入れた小型冷蔵庫をリビングや寝室に、デザートやアルコール類を入れた冷蔵庫をダイニングに置くなど、ライフスタイルに応じた2台め冷蔵庫があると暮らしがぐっと格上げされる。万が一、メインが壊れたときに緊急避難庫にもなる。

ツインバード工業
2ドア冷凍庫 ハーフ&ハーフ
HR-E915PW

実勢価格:5万9184円

定格内容量146Lとコンパクトな冷蔵冷凍室。冷凍室も73Lの容量を確保し、買い物かご2個分の食材がたっぷり入る。空間になじみやすいシンプルなデザインも印象的。

 

  • Illustrationふくだのぞみ

profile:家電+ライフスタイルプロデューサー 神原サリーさん

東京・広尾にアトリエを構え執筆やコンサルティングを手がける。家電を感動ベースで語れる担い手として、その独自の視点にメーカーの開発やマーケティング担当のファンも多い。近著に「サリー流 効率家事」(宝島社)。