生活家電の識者オールスターズが教える 家電の正しい使い方 – 第3回 洗濯機

家電は新製品に買い換えることで生活は確かに便利になるかもしれない。ただ、ちょっと待った? 今ある家電を本当にちゃんと使えてますか? そもそも家電は単にスペックが良ければいいものではなく、それぞれのライフスタイルに合わせて、ちゃんと使えてこそ暮らしを楽にするもの。

ここでは生活家電を代表するプロたちと、家電王としてお馴染みの中村剛氏が主催する東京電力エナジーパートナーの動画マガジン「くらしのラボ」がコラボして、身の回りにある家電の正しい使い方を伝授します。

記事と一緒に「くらしのラボ」動画を見れば
今日より明日の暮らしがもっと良くなる!

  • 暮らしに役立つ家電の使い方や情報を家電王が伝える動画マガジン日々の暮らしをより快適にする家電の数々。そんな家電の選び方や使い方、そしてメンテナンス方法までしっかりと動画で紹介しているのが、東京電力エナジーパートナーが運営している動画マガジン「くらしのラボ」だ。
     
    くらしのラボへGO!!

あなたの「洗濯」、それで合ってる?
正しく使って洗浄力アップ。
メンテナンスが必須な洗濯機

洗濯機を選ぶ際に、ドラム式と縦型のどちらにするか大きく悩むところだ。一般的にドラム式は「もみ/ おし/ たたき」洗いがメインで皮脂汚れに強い。またヒートポンプ式の乾燥方法を採用し、省エネ性が高いモデルも。一方で、縦型は「こすり洗い」で泥汚れなど固形汚れに強い特徴がある。そのため、乾燥機能を重視し、設置場所に余裕があるのであればドラム式、乾燥機能をあまり使わず、省スペースを求めるのであれば縦型を選ぶのが良いだろう。女優・家電アドバイザー 奈津子さんが洗濯機の正しい使い方を紹介する。


「洗濯したてなのに衣類が臭い」または「洗濯物を取りだした際に黒いカスがついている…」そんな時は、洗濯槽の汚れが原因として挙げられる。基本的に湿っている状態で放置される洗濯槽ではカビが発生しやすい。そのため、最低2ヶ月に1回ほどのペースではクリーナーを用いて「洗濯槽洗浄」を行い、カビ予防をしておきたい。
なお、汚れた衣類を洗濯槽に入れてそのまま放置しておくことも、雑菌の繁殖やニオイの原因となるので要注意。洗濯前の衣類は、ステンレスやシリコン性で、通気性の良い洗濯カゴを併用したほうが衛生的だ。

本体を回していない時には、フタを開けておいて内部をカラッと乾かす時間を設けることで、雑菌の繁殖やニオイの発生を抑えることに繋がるが、ペットや子供が居る家庭では、洗濯槽の中に入るなどの危険なイタズラをされないようにくれぐれも注意してほしい。

 

家電hacks! 1

ドラム式とタテ型以前に、各メーカーの特徴を知ろう

洗剤や柔軟剤の自動計量・自動投入ができるパナソニックや、AIで洗い方を自動調整し、風アイロンでシワが付きにくい日立。黒カビを抑える機能とナノサイズの泡による洗浄が可能な東芝や、乾燥フィルターの自動掃除&マイクロ高圧洗浄ができるシャープなど、各メーカーによる渾身の研究開発によって、洗濯機は日進月歩で発展してきている。

ドラム式

日立
ビッグドラム
BD-NX120CL

実勢価格:27万円

複数のセンサーで洗剤の種類や衣類の布質、汚れの量、水の硬度や温度、ドラム内の布動きなどをセンシングして自動で洗濯する「AIお洗濯」機能を搭載。スマホ連携でき運転状況の確認や手入れ時期の確認等が可能。

タテ型

パナソニック
縦型洗濯乾燥機
NA-FW100K7

実勢価格:23万円

夫婦共働き世帯がターゲットで、これまでのドラム式洗濯機だけでなく同社で初めて縦型洗濯乾燥機に液体洗剤・柔軟剤自動投入機能を搭載。「泡洗浄」と新型のパルセーターで洗浄能力も大幅にアップしている。

 

家電hacks! 2

洗濯物の適切な量と
洗濯ネットの最適な大きさは?

洗濯ネットは衣類の保護だけでなく最適な大きさを使う事で汚れ落ちを向上させる。Yシャツなら中サイズが最適で、ネット1枚につき衣類1枚を畳んで入れるのが理想的。これにより洗濯中の重なりと型くずれを抑える。容量は詰め込み過ぎると衣類が動かず、すすぎも十分に行なえないので要注意。(パナソニック×ライオンのセミナーより)

衣類の大きさにあった洗濯ネットを使用し、ネット1枚につき衣類は1枚とし、畳んでいれることが重要だ。
ライオンの調べによると生活者の約7割が詰め込み洗いをしているそうだ。それが汚れ落ち低下の原因。

 

家電hacks! 3

お気に入りの服を守るために
洗濯表示を守ろう

実は平成28年12月1日から、洗濯表示が「新JIS」という新しいものに変更されている。記号が追加され、適用温度がより細かく設定されたことで、洗濯記号の種類はこれまでの22種類から41種類へと増えたのだ。消費者庁によると、これによって繊維製品の取り扱いに関する細かい情報が提供されるようになり、洗濯トラブルの減少が期待できると言う。


新JISは、基本的には「基本記号」「付加記号」「数字」の3つの組み合わせから構成される。従来の洗濯表示は「指示(推奨)表示」だったが、新洗濯表示では家庭洗濯、漂白、乾燥、アイロン等の処理の上限の条件を表しているため、記号が示す強さかそれよりも弱い範囲内での洗濯が最適とされている。表示よりも強い力や高い温度でのお手入れは、衣類にダメージを与える可能性があるので、お気に入りの衣類をケアする際には特に注意が必要だ。記号数は一気に増えたものの、規則性を伴ってはいるので、不安な人は事前にネットでチェックしておこう。

 

家電hacks! 4

カビを防ぐ!
洗濯槽洗浄ってどうやればいいの?

一般的な洗濯槽洗浄のやり方は、まず本体の洗剤入れを外してカスなどの汚れを落としてから「洗濯槽洗浄」メニューを選択。ドアを開け、市販の洗濯槽洗剤を投入して稼働させてから、だいたい10~11時間ほどで完了する。完了後はフィルター部分に汚れがぎっしりと溜まるので、処理することをお忘れなく。

詳しい手順はメーカーによって異なるので、開始前に説明書に目を通しておくのがベストだろう。洗濯槽の汚れは、目に見えないからといって放置しておくと、衣類にカビが付着し、洗濯し直しても落ちない場合があったり、イヤな臭いがいつまでもこびりついてしまうことがある。そうならないためには定期的なメンテナンスは必須だ。

 

家電hacks! 5

うっかり、ティッシュを
入れて洗濯してしまった時の対処法

誤って、ティッシュと衣類を一緒に洗濯してしまった時のショックは大きい。動揺した状態で衣類を取り出し、ガムテープを使って、絶望的な眼差しでティッシュを取り除いた経験があるのは筆者だけではないはずだ。しかし、ちょっと落ち着いて欲しい。実は柔軟剤の投入のみでもう一度洗うと、ティッシュが落ちやすくなるのだ。

通常の洗濯とは異なり始めに柔軟剤のみを投入し、すすぎと脱水、乾燥を行なう。約30分で完了してフタを開けると、先ほどの地獄絵図、もといティッシュ地獄が、かなり抑えられた状態になっている。これは柔軟剤の“静電気を抑える効果”を活用したもの。それでもどうしてもしつこいカスは野菜ネットを手にはめて擦ると良い。

※洗濯表示の画像は消費者庁の公式HPより参照

 

  • Illustrationふくだのぞみ

profile:女優・家電アドバイザー 奈津子さん

家電アドバイザーGOLD等級所持、元SDN48。芸能界イチ家電に詳しく、数々のメディアで家電の魅力を発信中。東京FM「スカイロケットカンパニー」テレビ東京系列「開運なんでも鑑定団」レギュラー。インスタグラムは「natsuko_kaden」。