生活家電の識者オールスターズが教える 家電の正しい使い方 – 第5回 トースター・レンジ

家電は新製品に買い換えることで生活は確かに便利になるかもしれない。ただ、ちょっと待った? 今ある家電を本当にちゃんと使えてますか? そもそも家電は単にスペックが良ければいいものではなく、それぞれのライフスタイルに合わせて、ちゃんと使えてこそ暮らしを楽にするもの。

ここでは生活家電を代表するプロたちと、家電王としてお馴染みの中村剛氏が主催する東京電力エナジーパートナーの動画マガジン「くらしのラボ」がコラボして、身の回りにある家電の正しい使い方を伝授します。

記事と一緒に「くらしのラボ」動画を見れば
今日より明日の暮らしがもっと良くなる!

  • 暮らしに役立つ家電の使い方や情報を家電王が伝える動画マガジン日々の暮らしをより快適にする家電の数々。そんな家電の選び方や使い方、そしてメンテナンス方法までしっかりと動画で紹介しているのが、東京電力エナジーパートナーが運営している動画マガジン「くらしのラボ」だ。
     
    くらしのラボへGO!!

温めたり、焼いたりするだけじゃない万能調理家電
美味しい調理を
もっと美味しくする
トースター・レンジの可能性

毎日の料理に欠かせないオーブンレンジやトースター。しかし、実は役割が大きく違うというのを知っているだろうか。それぞれの家電の特性を知って、正しい使い方をしたい。そうすることで、食材をより美味しく調理できるようになる。デジタル家電ライター コヤマタカヒロさんがトースター・レンジの正しい使い方を紹介する。


多くの家庭のキッチンにある、レギュラー調理家電が、電子レンジ(オーブンレンジ)と、オーブントースターだ。機能面で重なるところがあるため、似た調理家電と思われがちだが、その役割は意外と違っている。

オーブントースターはパンを焼くのが主な役割。このため、庫内サイズが小さく、素早く表面に焼き色が付けられるようになっている。オーブンレンジではトーストにこんがりとした焼き色が付けられなかったり、時間がかかってしまうことが多い。トーストを美味しく焼くなら、オーブントースターが最適なのだ。

電子レンジは食材の水分で加熱するのが主な役割。冷凍食材の解凍や温め直しに加えて、煮込み料理や茹で料理にも対応できる。使い方によってはコンロの使用率を大幅に減らすことができる。例えばパスタを作る場合、お湯を沸かしてパスタを茹でて、さらにフライパンでソースと和える必要がある。しかし、レンジパスタなら材料を容器に入れてチンするだけ。ほったらかしでできる。

得意な調理方法をこれまで以上に活用できれば、日々の食生活はより豊かになる。

 

家電hacks! 1

レンジ・オーブン・トースターは
何が違う?

電子レンジとオーブントースターの役割は大きく異なっている。電子レンジの役割は「温める」こと。食材に含まれている水分をマイクロ波によって振動させて加熱する。対してオーブントースターは、ヒーターで「焼く」のが仕事。短時間で食材の表面に焼き色がつけられる。なお、“オーブン”は高温の熱で食材の内部まで加熱する機能でこれは共通だ。

シャープ
ヘルシオ AX-XW600

実勢価格:17万2210円

電子レンジによる温め機能に加えて、過熱水蒸気で食材を加熱調理できるウォーターオーブン。

 

バルミューダ
バルミューダ ザ・トースター

実勢価格:2万4732円

独自のスチームテクノロジーと緻密な温度制御で美味しくトーストが焼けるオーブントースター。

 

家電hacks! 2

冷凍トーストは
どうやったら美味しく食べられる?

食べきれない食パンなどは冷凍庫に入れて長期保存する。そうした冷凍パンを焼くときはタイマーを1分長くするのがコツ。さらに霧吹きで表面をちょっと湿らせるのも手。パンの表面の温度上昇速度が緩やかになり、中まで温まったころに表面に焼き色が付けられる。なお、冷凍パンモードのある高性能なオーブントースターもある。

三菱電機
ブレッドオーブン
TO-ST1

実勢価格:3万2400円

密封断熱構造によってパンの水分や香りを閉じ込めて焼く独自構造のトースター。冷凍パンモードも搭載する。

 

家電hacks! 3

週末に作り置きするなら
解凍調理を考えて行なおう

電子レンジが活躍するシーンのひとつが冷凍食材の解凍だ。しかし、火が入りすぎてしまったり、カチンコチンになったりとなかなかうまくいかないことも多い。週末に下ごしらえした食材を冷凍する作り置きスタイルなら、解凍しやすいように冷凍しよう。肉類やごはんなどはできるだけ重ねず、薄い状態でラップするのがコツだ。

最新のオーブンレンジの多くは、レンジ機能だけでなく、スチームを併用して解凍を行う。その場合は庫内の中央に冷凍食材を置いて、ラップも外して解凍を行う。レンジ加熱だけより優しく解凍できる。

 

家電hacks! 4

ワンボウルレシピなら
コンロ不要でほったらかし

冷凍食材の解凍や、温め直しだけに使いがちな電子レンジだが、実は使い方によって万能な調理家電として活躍できる。その一つがレンジを使ったパスタの調理。耐熱ボウルやシリコン容器を使うことで、電子レンジだけでパスタがゆでられる。さらに具材や調味料を一緒に入れておけばほったらかしで完成。忙しい時でも手軽に作れるメニューなのだ。

パナソニック
ビストロ NE-BS1600

実勢価格:17万円

ワンボウルメニューが充実したスチームオーブンレンジ。パスタだけでなくフレンチや中華、煮物なども作れる。

 

家電hacks! 5

電子レンジが汚れてしまったら
どうしたらいい?

電子レンジの内部はふきこぼれなどで汚れてしまうことが多い。汚れた時にすぐ拭きとればこびりつくことは少ないが、それでも汚れが付着してしまうことがある。そんなときはコップに重曹を入れてレンジでチンするだけ。加熱によってpHの数値が高まり、アルカリ性となった重曹がこびりついた油をはがしてくれるのだ。

重曹での掃除は簡単。コップに水を入れて、そこに大さじ一杯の重曹を加え、500Wで3分加熱する。そのまま30分放置した後で、重曹を含んだ布巾で拭き取るだけ。こびりついた汚れの多くは酸性のため、アルカリ性の重曹で中和して、ふやかすことで除去できる。

 

家電hacks! 6

トースターはパンだけじゃなく
ハンバーグやローストビーフも焼ける

パンを焼くだけで使われがちなトースターだが、オーブン機能を利用することで様々な調理に対応できる。例えばハンバーグ。180℃に温めたオーブントースターで15~20分焼くことで簡単にできあがる。アルミホイルを敷いて焼けば庫内も汚れないので、後片付けも楽々。その他の具材をのせてハンバーガーにすることも可能だ。

オーブントースターでハンバーグやローストビーフなどを焼くときは、必ず下にアルミホイルを敷くこと。脂や肉汁が下ヒーターに点いてしまうと焦げたり、ニオイが発生してしまう。脂や肉汁が垂れないようにしよう。

 

  • Illustrationふくだのぞみ

profile:デジタル家電ライター コヤマタカヒロさん

ファッション&カルチャー誌でライターデビュー。現在はデジタル機器と家電領域を主に執筆。米・食味鑑定士の資格を所有。調理家電のテストと撮影の空間「コヤマキッチン」も設立し日々料理に明け暮れる。