買わなくても掃除から解放! アイロボットのサブスクサービス

最新のルンバi7+も気軽に導入できる!

ここ数年、幅広い分野で広まりつつあるサブスクリプションサービスが、アイロボットの製品でも利用できるようになった。製品購入より初期費用の負担が少なく、修理などにも対応。掃除を自動化する生活が、より身近なものとなりつつある。


定額サービスで導入のハードルを下げる

今年6月にスタートしたアイロボットのサブスクリプションサービス「Robot Smart Plan」は、ルンバ3モデルを月額料金の支払いで36カ月間利用できるというもの。最も低価格なモデルでは、月額1296円から利用でき、契約期間中はユーザーの過失を除く無償修理にも対応する。トータルでの支払い価格は、製品購入時とあまり変わらないが、導入のハードルはぐっと下がる印象だ。アイロボットジャパンの山田毅さんは、このサービスの狙いはまさにそこにあると話す。

「ロボット掃除機が普及し、ルンバを導入する家庭も増えましたが、まだ使ったことがないという人を調査すると、いくつかの障壁があることがわかりました。特に『従来型の掃除機を好む』『ロボット掃除機は値段が高い』『きれいに掃除できないと思う』という声が多く、購入に踏み出せない大きな理由となっているようです。こうしたハードルをクリアするために、今回新たにサブスクリプションサービスを導入したのです」

「試しに使ってみたい」という人には打ってつけのサービスで、1年以上使用すれば返品も可能。自宅の環境や生活スタイルにルンバが合うか確かめながら、利用できるわけだ。契約満了時には所有権がユーザーに移るので、返却の必要はない。山田さんは「一度試せばルンバの良さを理解してもらえるはず」と意気込む。導入の選択肢が増えたことで、ルンバの便利さを実感する人がさらに増えていきそうだ。

  • Profile
    アイロボットジャパン
    マーケティング本部
    本部長
    山田 毅さん

 

<Robot Smart Planの特徴>

  • 1. 手頃な月額料金で利用できる

    エントリーモデルのルンバ641の場合、月額利用料は1296円。「とにかくルンバを使ってみたい」と考える人にも、手が伸ばしやすい価格だ。

  • 2. 契約期間中でも返品可能

    契約期間の36カ月を満了せずとも1年以上使用したら返品が可能。残りの契約期間の料金を支払う必要もない。環境に合わない場合でも少ない負担で済む。

  • 3. 契約期間中は無償で修理対応

    1年以内の不具合・故障は無償で修理に対応。2~3年目も落下、水濡れなどのユーザー過失以外は、メーカー修理保証と同等のサービスに対応する。

 

ベーシックからハイエンドまで3機種を用意

クリーンベース付属の
最新フラッグシップ

アイロボット
ルンバi7+

利用料金:月額4104円
主な機能:高精度な間取り学習、自動ゴミ収集、アプリ操作、スマートスピーカー対応、バーチャルウォール対応
購入時の価格目安:14万270円前後

ゴミの自動収集などに対応した最新モデル(詳細は174ページ)。購入した場合の価格は14万円ほどになるので、簡単に手が出せないという人も少なくないはず。スマホでの操作など、最先端のロボット掃除機を試したみたい場合も、手頃な初期費用で導入できる。

 

クリーニング機能が充実した
高性能モデル

アイロボット
ルンバ980

利用料金:月額3024円
主な機能:高性能なナビシステム、アプリ操作、スマートスピーカー対応、バーチャルウォール対応
購入時の価格目安:13万5000円前後

カメラとセンサーを駆使した高性能なナビゲーションシステムを搭載したハイスペックモデル。一度の走行で家中をしっかり掃除してくれるので、毎回フロア全体を掃除したいという方にお勧め。最大稼働時間はルンバi7+を上回る120分。

 

基本機能に絞り込んだ
エントリー機

アイロボット
ルンバ641

利用料金:月額1296円
主な機能:高性能なナビシステム、バーチャルウォール対応
購入時の価格目安:4万円前後

3段階クリーニングシステムなど、ルンバの基本的な特徴を備えたスタンダードモデル。Wi-Fiなどには非対応だが、ナビ機能や自動充電などを搭載し、ロボット掃除機の使い勝手を手頃な月額料金でシンプルに実感できる。稼働時間は最大60分。


サービスは「レンティオ」が運営

サービスは家電やガジェットのレンタルを手がける「レンティオ」と協同で運営される。アイロボットにとって初のサービスではあるが、実績のあるレンティオと組むことで、細かな対応なども安心できる。

  • text高橋 智
  • photo湯浅立志(Y2)、田口陽介