イケメンすぎるタイヤマハの155ccバイク「XSR155」

小排気量車が市場の中核となっているタイのバイク市場において、155ccクラスは上級。スポーツスクーターやスーパースポーツ(SS)など、何人たりとも俺の前は以下略系の装いを身にまとっているモデルが中心でした。

ところがタイヤマハが新たにリリースしたXSR155は、ネオクラシックな装いを身にまとっているのですよ。

SRのようなザ・トラディショナルスタイルとは違い、XSR700やXSR900にも通じるデザインを持った、155ccバイク。排気量を感じさせないカッコよさがありますよね。

LEDライト、カラーディスプレイメーターを採用し、足回りやマフラーもカッコよくデザインされ、乗りやすそうと思えるとともに、所有欲を満たしてくれるモノな予感も伝わってくる!

エンジンは水冷4ストローク単気筒4バルブエンジンでMT-15やYZF-R15と同じものの様子。とすると、ポテンシャル的には19.3psまで出せるのかもしれません。

YouTubeでタイのTVCM動画を見ると、カフェ・オフロード・ダートトラックなどのカスタムパーツも用意される様子。

お値段は9万1,500バーツ(約31万4000円)と、セカンドバイクとしても手が届きそうだし、リターンライダーとなっても良さそうなお値打ちプライス。日本に輸入されるかどうかは不明ですが、MT-125のように125cc版がリリースされたらかなりの人気バイクとなるのではないでしょうか。