石井和美の家電やりすぎ比較レビュー コードレスクリーナー 6モデル 【No.1】シャープ/RACTIVE Air POWER EC-SR3SX

今回比較するジャンルはこちら

コードレスクリーナー 6モデル

数年前までは吸引力重視が風潮であり、パワフルなクリーナーが人気だった。ここ最近は吸引力に加えて「軽くて使いやすい」タイプも注目されている。そこで今回は各メーカーからパワフルかつ手軽に使えるコードレスクリーナーを独自に選んだ。日本人の体形に合っており、長時間使っても疲れにくい実用的なクリーナーばかりだ。今回はフローリングとカーペットでの吸引力テストと合わせて、軽さや使いやすさも重視している。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1フローリング

  • フローリングにカラーサンドとおがくずをまいた。床部分だけでなく、壁際のゴミがきちんと吸い取れているか、注目。

POINT 2カーペット

  • カーペットにはカラーサンドとおがくずをまいて吸引。吸引力が強すぎてもカーペットが動くので、バランスをチェック。

POINT 3小回り

  • テーブルの下や足回り、細い場所などを掃除してみた。ヘッドの可動域を確認し、スムーズに動くかどうかもテストしている。

POINT 4持ちやすさ

  • 手元の重さを計量してみた。高さは162cmの自分の身長に合わせている。持ちやすさや操作性についてもこちらで評価。

POINT 5独自機能

  • 独自機能をチェック。複数搭載されている場合は、実際に使ってみて、先進性があり、一番使いやすかった機能を評価している。

POINT 6お手入れのしやすさ

  • ダストカップの日常的なお手入れについて評価した。ボタンを押して捨てるタイプとダストカップを外してから捨てるタイプがある。

MODEL 1
シャープ
RACTIVE
Air POWER
EC-SR3SX

実勢価格:9万4800円

使い勝手も吸引力もよし

軽くてパワフルなスティック掃除機。バッテリー2個とふとん掃除ヘッド、延長ホースが標準で付属するプレミアムパッケージモデル。大風量高圧3Dファンモーターと高電圧25.2Vバッテリーの搭載により、シャープのコードレススティック掃除機史上最強の吸引力を達成。アルミパイプ採用で1.9kgという軽量ボディを実現している。自走アシスト機能により、掃除時の筋負担を軽減する。吸込口を簡単に着脱できる「スグトルブラシ」もユニークだ。自動モードでの連続運転時間は約30分だが、バッテリーが2個付属しているので合計約60分の連続運転が可能で、広い部屋でも安心だ。ワイパーヘッドやタテヨコ曲がるすき間ノズルなどの別売オプションも充実している。

SPEC

充電時間 約80分(バッテリー1個)
集じん容積 0.2L
本体寸法 W243×D240×H1055mm
本体質量 1.4kg(標準質量1.9kg)
最長連続運転時間 弱モード・約120分/約90分(約60分/約45分×バッテリー2個) 自動モード・約60分(約30分×バッテリー2個) 強モード・約24分(約12分×バッテリー2個)
付属品 コンパクトふとん掃除ヘッド、はたきノズル、すき間ノズル、ベンリブラシ、延長ホース、スタンド台、充電器、バッテリー2個

 

01 フローリング

フローリングの溝や壁際まですっきりと吸い取っている。大きなおがくずも壁際に溜めてしまうことはなく、微細なカラーサンドも取り切っていた。ヘッドの裏側には、ブラシの両脇に余白があり、一部繊維状の部分にゴミがついて引きずってしまうことがあった。

02 カーペット

カーペットにはりついていたおがくずはほぼとれている。フローリングと同様、ヘッドの余白部分にあたる場所は、砂が少し残った。ブラシの回転が速く、カラーサンドははじきとばすこともあったが、大小どちらのゴミも平均よりキレイに取れている。

03 小回り


手元で曲げずに奥まで入った。もっと狭い場所では、手元を横に倒すと入れられる。ヘッドが軽く、スムーズに動くので掃除しやすい。可動域も広いので、ヘッドを自在に操ることができ、ストレスなく操作することができた。

04 持ちやすさ


手元も重さは1250gで、今回試した中では標準的。ただ、持ち手部分の角度が掃除機をかける際にちょうどよく、手首が疲れにくい。また、ヘッドが軽いので、家具のまわりや細い場所など、頻繁に持ち上げなければならない場所でも、手元に負荷がかかりにくい。棚の上など、ノズルを上に上げる動作をする際も、持つ場所を変えられるので、どの角度でも使いやすかった。モードも「強」「弱」「自動」から選ぶことができる。

05 独自機能

バッテリーは外して充電するので、一手間かかるが、コンセントがある場所に大きなクリーナーを置かなくて済むのは嬉しい。2個付属しているので長時間使うことができ、家メインのクリーナーとしても愛用できる。

06 お手入れのしやすさ

ダストカップはいったん外してからフタを開けてゴミを捨てる。ボタンには日本語で「押す」など記載されているので迷わず捨てることができる。ただ、ダストカップを本体に着脱する際、黒くて見にくく、毎回一度でははめられなかった。

Result

 

持ちやすく軽く感じる
ヘッドの動きもなめらかで吸引力もよい

ダストカップの日常的なお手入れについて評価した。ボタンを押して捨てるタイプ、ダストカップを外してから捨てるタイプがある。ブラシの幅も実測で約18cmと広めであり、ワンストロークでとれるゴミの範囲が大きい。また、「持ちやすさ」も特徴的だ。ヘッドの小回りがよく、とても軽い。広い場所だけでなく狭い場所も得意で、スイスイ掃除することができた。また、バッテリーは2個付属しており、長時間掃除できるのも安心できる。バッテリーを外して充電台にセットする手間は、面倒に感じる方もいるかもしれないが、コンセントまわりにクリーナー置き場を作らなくてもすむのは嬉しい。

  • text石井和美

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。