石井和美の家電やりすぎ比較レビュー コードレスクリーナー 6モデル 【No.2】日立/ラクかるスティック PV-BFL1

今回比較するジャンルはこちら

コードレスクリーナー 6モデル

数年前までは吸引力重視が風潮であり、パワフルなクリーナーが人気だった。ここ最近は吸引力に加えて「軽くて使いやすい」タイプも注目されている。そこで今回は各メーカーからパワフルかつ手軽に使えるコードレスクリーナーを独自に選んだ。日本人の体形に合っており、長時間使っても疲れにくい実用的なクリーナーばかりだ。今回はフローリングとカーペットでの吸引力テストと合わせて、軽さや使いやすさも重視している。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1フローリング

  • フローリングにカラーサンドとおがくずをまいた。床部分だけでなく、壁際のゴミがきちんと吸い取れているか、注目。

POINT 2カーペット

  • カーペットにはカラーサンドとおがくずをまいて吸引。吸引力が強すぎてもカーペットが動くので、バランスをチェック。

POINT 3小回り

  • テーブルの下や足回り、細い場所などを掃除してみた。ヘッドの可動域を確認し、スムーズに動くかどうかもテストしている。

POINT 4持ちやすさ

  • 手元の重さを計量してみた。高さは162cmの自分の身長に合わせている。持ちやすさや操作性についてもこちらで評価。

POINT 5独自機能

  • 独自機能をチェック。複数搭載されている場合は、実際に使ってみて、先進性があり、一番使いやすかった機能を評価している。

POINT 6お手入れのしやすさ

  • ダストカップの日常的なお手入れについて評価した。ボタンを押して捨てるタイプとダストカップを外してから捨てるタイプがある。

MODEL 2
日立
ラクかるスティック
PV-BFL1

実勢価格:3万5610円

軽いのにハイパワー

名前の通り、軽さが魅力のスティック掃除機。ヘッドやパイプなどを含めた標準質量は1.4kgとトップクラスの軽さを誇り、ハンディとして使う際には1kgを切る。ヘッドは自走タイプで、力を入れずにラクに掃除できる。ダストケースを分解して丸ごと洗えるのも衛生的で、ボタンを押すだけでごみ捨てができる「ワンプッシュごみ捨て」も人気だ。

SPEC

充電時間 約210分
集じん容積 0.15L
本体寸法 W230×D230×H1000mm
本体質量 0.95kg(標準質量1.4kg)
最長連続運転時間 標準モード・約30分/約45分(自走コンパクトヘッド非使用時) 強モード・約8分
付属品 ハンディノズル、すき間用吸口、延長パイプ、スティックスタンド、ACアダプター、お手入れブラシ

 

01 フローリング

ヘッドの裏側にはブラシ両端にスペースがあり、そこにゴミがついて引きずってしまうことがあったが、ほぼ取り切っていた。

02 カーペット

回転が速くゴミをはじき飛ばすことがあった。おがくずが少し残っているものの、微細な砂もよく取れている。引いたときのほうが吸引力は強い。

03 小回り

ヘッドが浮かずに床にピタッとくっついたまま奥まで入れられる。ダストボックスが下にあるため、狭い場所だと入らないことも。

04 持ちやすさ

手元の質量も1kgを切っており、軽く手軽に使える。ゴミを見つけてちょっと掃除したいときも、これなら億劫ではなく、サッと出して使える。

05 独自機能

本体の質量は約1kgしかなく、他社と比較するととにかく軽く感じる。ハンディクリーナーとしても使いやすく、女性でも扱いやすい。

06 お手入れのしやすさ

ダストボックスを本体に装着したまま、ボタンを押すだけでゴミが出る。ただし、集じん容積は約0.15Lしかないので、頻繁に捨てる必要がある。

Result

 

軽いのに驚くほどパワフル
手軽に部屋中掃除できるクリーナー

自走力が高く、ハイパワーでぐんぐん前に進み、ゴミをかきとっていく。押したときよりも引いたときのほうがよくゴミが取れていた。カーペットでは回転するブラシで砂をはじき飛ばしてしまうこともあったが、大きなゴミも小さなゴミも、バランスよくゴミを吸っていた。とにかく軽いので、床だけでなく棚の上や階段など、あらゆる場所で手軽に使える。ゴミ捨ては、いちいちダストボックスを本体から外す必要がなく、ボタンを押すだけで捨てられるので、とても簡単だ。他社と比較すると、手に入れやすい価格も魅力。

  • text石井和美

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。