石井和美の家電やりすぎ比較レビュー コードレスクリーナー 6モデル 【No.3】三菱電機/iNSTICK ZUBAQ HC-JM1J

今回比較するジャンルはこちら

コードレスクリーナー 6モデル

数年前までは吸引力重視が風潮であり、パワフルなクリーナーが人気だった。ここ最近は吸引力に加えて「軽くて使いやすい」タイプも注目されている。そこで今回は各メーカーからパワフルかつ手軽に使えるコードレスクリーナーを独自に選んだ。日本人の体形に合っており、長時間使っても疲れにくい実用的なクリーナーばかりだ。今回はフローリングとカーペットでの吸引力テストと合わせて、軽さや使いやすさも重視している。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1フローリング

  • フローリングにカラーサンドとおがくずをまいた。床部分だけでなく、壁際のゴミがきちんと吸い取れているか、注目。

POINT 2カーペット

  • カーペットにはカラーサンドとおがくずをまいて吸引。吸引力が強すぎてもカーペットが動くので、バランスをチェック。

POINT 3小回り

  • テーブルの下や足回り、細い場所などを掃除してみた。ヘッドの可動域を確認し、スムーズに動くかどうかもテストしている。

POINT 4持ちやすさ

  • 手元の重さを計量してみた。高さは162cmの自分の身長に合わせている。持ちやすさや操作性についてもこちらで評価。

POINT 5独自機能

  • 独自機能をチェック。複数搭載されている場合は、実際に使ってみて、先進性があり、一番使いやすかった機能を評価している。

POINT 6お手入れのしやすさ

  • ダストカップの日常的なお手入れについて評価した。ボタンを押して捨てるタイプとダストカップを外してから捨てるタイプがある。

MODEL 3
三菱電機
iNSTICK ZUBAQ
HC-JM1J

実勢価格:8万9510円

唯一無二のギミック

斬新なデザインが特徴のハイパワースティック掃除機。毎分最大12万5000回転のJCモーター採用で、高い吸引力を実現。充電台から手前に引けばスティックに、上に持ち上げればハンディクリーナーになる、独自の着脱機構がユニーク。スティック時の重量も1.8kgと軽い。フラットヘッドにより、家具やベッドの下の奥などもしっかり掃除できる。

SPEC

充電時間 約90分
集じん容積 0.25L
本体寸法 W225×D190×H1005mm
本体質量 1.8kg(パイプ・ブラシ含む)
最長連続運転時間 標準モード・約40分 強モード・約8分
付属品 アレルパンチふとんクリーンブラシ、ロングノズル(エアブロー機能対応)、毛ブラシ、お手入れブラシ(充電台装着品)

 

01 フローリング

吸引力はパワフルで、微細な砂の吸引は得意。ただ、壁際に大きなゴミを押し出してしまい、強い吸引力でそのゴミを引いてきてしまった。

02 カーペット

カーペットにはりついていたおがくずは少し残っているが、砂はキレイに取り切っている。ブラシの回転が速く、ゴミを飛ばすときがあった。

03 小回り

ダストボックスが上にあるので、ノズルを床にピタッとつけて奥まで寝かせて入れることができる。ヘッドが小さく小回りもよい。

04 持ちやすさ

ヘッドが軽く、動かしやすい。掃除を始めるときもクリーナーを持ち上がることなく、手前に引くだけなので体の負担も少ない。

05 独自機能

スティッククリーナーとして使用する際は、充電台から持ち上げるだけで短い状態になる。長いノズルをわざわざ外す必要もなく、手軽に使える。

06 お手入れのしやすさ

ダストボックスを本体から外して捨てる。ダストカップの内側に付着した微細なゴミが気になった。 プリーツフィルターもホコリが付きやすい。

Result

 

掃除が億劫にならない
オリジナル機能「ワンモーション」が便利

手前に引けばスティッククリーナーに、上に持ち上げればハンディクリーナーになる「ワンモーション」は、手軽に掃除を始められるので便利だ。スティッククリーナーとして使用するときは、持ち上げる必要がないのですぐに使える。電源コードを本体に差し込まずに充電できるので、掃除が終わった後も簡単だ。実測でブラシ幅が16.5cmほどしかなく、広い範囲を掃除する際はストローク回数が増えるものの、狭い場所を掃除するのは小回りがよく使いやすい。吸引力とブラシの回転数は高く、微細なゴミをよく吸っていた。

  • text石井和美

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。