石井和美の家電やりすぎ比較レビュー コードレスクリーナー 6モデル 【No.4】東芝/トルネオV コードレス VC-CL1500

今回比較するジャンルはこちら

コードレスクリーナー 6モデル

数年前までは吸引力重視が風潮であり、パワフルなクリーナーが人気だった。ここ最近は吸引力に加えて「軽くて使いやすい」タイプも注目されている。そこで今回は各メーカーからパワフルかつ手軽に使えるコードレスクリーナーを独自に選んだ。日本人の体形に合っており、長時間使っても疲れにくい実用的なクリーナーばかりだ。今回はフローリングとカーペットでの吸引力テストと合わせて、軽さや使いやすさも重視している。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1フローリング

  • フローリングにカラーサンドとおがくずをまいた。床部分だけでなく、壁際のゴミがきちんと吸い取れているか、注目。

POINT 2カーペット

  • カーペットにはカラーサンドとおがくずをまいて吸引。吸引力が強すぎてもカーペットが動くので、バランスをチェック。

POINT 3小回り

  • テーブルの下や足回り、細い場所などを掃除してみた。ヘッドの可動域を確認し、スムーズに動くかどうかもテストしている。

POINT 4持ちやすさ

  • 手元の重さを計量してみた。高さは162cmの自分の身長に合わせている。持ちやすさや操作性についてもこちらで評価。

POINT 5独自機能

  • 独自機能をチェック。複数搭載されている場合は、実際に使ってみて、先進性があり、一番使いやすかった機能を評価している。

POINT 6お手入れのしやすさ

  • ダストカップの日常的なお手入れについて評価した。ボタンを押して捨てるタイプとダストカップを外してから捨てるタイプがある。

MODEL 4
東芝
トルネオV コードレス
VC-CL1500

実勢価格:3万5790円

吸い込み幅がワイド

軽くて使いやすいスティック掃除機。毎分最大11万回転のハイスピードDCモーターを搭載。ヘッドは自走式で吸い込み幅が広く、効率よく掃除ができる。ダストカップは分解して水洗いが可能。質量は約1.9kgと軽く、すき間ノズルやふとん用ブラシなど、多彩なアタッチメントが付属している。付属品収納バックでまとめてしまえる。

SPEC

充電時間 約300分
集じん容積 0.2L
本体寸法 W266×D224×H1030mm
本体質量 1.4kg(標準質量1.9kg)
最長連続運転時間 標準モード・約20〜25分 強モード・約8分おまかせモード・約8〜20分
付属品 エアブローノズル、ふとん用ブラシ、すき間ノズル、付属品用ホース、丸ブラシ、壁掛け用ホルダー、付属品収納バッグ、お手入ブラシ

 

01 フローリング

幅広のブラシで、一気にゴミを取り切っている。一度のストロークで広い面積を掃除できるので、床掃除は短時間で終わる。

02 カーペット

カーペットに張り付いていたおがくずはほぼとれていたが、カーペットの繊維に入り込んでいる微細な砂は少し残ってしまった。

03 小回り

ダストボックスは床方向に飛び出ているが、横に倒すことで奥まで掃除できる。見にくい狭い場所も、幅広ブラシにより短時間で掃除できた。

04 持ちやすさ

持ち手部分はカーブを描いており、持ちやすい場所を自由に選ぶことができる。ヘッドは大きい分、少し重く感じた。

05 独自機能

ブラシは実測で約21cmもある。他社と比較すると、ブラシはかなり大きく感じる。床掃除はブラシが幅広のほうが早く終わるので嬉しい。

06 お手入れのしやすさ

見やすい場所にレバーがあり、ダストボックスを外しやすい。しっかりはまっており、倒れてもダストボックスが外れることはなかった。

Result

 

フローリング掃除のメイン機にぴったり
短時間で掃除が終わる優秀なクリーナー

フローリングの掃除が優秀で、壁際まで大きなゴミも小さなゴミも取りきっていた。ブラシの幅が大きいので広い部屋の掃除も短時間で終わる。標準・強モードのほかにおまかせモードもあり、ゴミの有無に合わせて自動で吸引パワーを調節してくれるため、バッテリーを無駄に使わない。派手な機能はないものの、堅実に作り込んであり、実用性があるクリーナーだ。豊富なアタッチメントを収納できる袋まで用意されているのは嬉しい。残念なのは充電時。壁掛けホルダーだけでなく、立てておけるスタンドのようなものもほしい。

  • text石井和美

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。