祝25周年!7列キーボード復活のアニバーサリーモデル『ThinkPad 25』が登場

「ThinkPad」はやっぱり7列キーボードですよねー

ビジネスノートPCといえば「ThinkPad」シリーズを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? 現在でも根強いファンが多いですよね。そんな「ThinkPad」の生誕25周年を記念したモデル『ThinkPad 25』がレノボ・ジャパンから登場しましたよ。

1992年10月5日、最初のThinkPadとなる『ThinkPad 700C』が発売されたわけですが、ちょうど25年後となる2017年10月5日に発表されたのがこの『ThinkPad 25』です。発表の場となったのは、レノボ・ジャパンの大和研究所がある横浜のみなとみらい(1992年当時、ThinkPadはIBMのものでしたし、大和研究所は文字通り神奈川県大和市にありましたが)。発表会には「ThinkPadの父」こと内藤在正氏、チーフ・デザインオフィサーのDavid Hill氏らの姿も。いやあ、それにしても25年ってスゴイですよね。

 

 
▲会場には歴代モデルがズラリと。

さて、気になるPCの仕上がりは?

今回の『ThinkPad 25』を作るにあたって、ソーシャルメディアを使って世界中のファンや支持者からフィードバックや要望を収集したのだそう。その甲斐あってか(?)、古き良きThinkPadの特徴と言える、7列キーボードの復活、そしてキートップも現行機のアイソレーションタイプではなく従来の形状を継承しています。そのほかにも、IBM時代を彷彿とさせる「ThinkPad」ロゴなど、ファンにはたまらないデザインですね。ちなみにベースとなっているモデルは、日本未発売の「ThinkPad T470」なのだとか。

 

懐かしのデザインを採用しつつも、もちろん中身は最新。第7世代「Core i7-7500U」をCPUに採用し、16GBのメモリ、512GBのSSDを搭載。さらに、GPUには「GeForce 940MX」を。ディスプレイは10点タッチ対応14型IPS液晶(1920×1080ドット)。OSはWindows 10 Proとなっています。



▲インターフェイスはUSB 3.0×3に加え、Thunderbolt 3を装備。HDMI出力やギガビットの有線LANポートも。

 
▲キーボードの右側には指紋認証を。電源ボタン周りも懐かしい雰囲気のデザインです。

2017年10月6日に予約受付が開始され、日本国内では1000台限定販売。CTOなどには非対応のワンモデルとなり、レノボ・ジャパンの直販サイトでの価格は19万3860円(税込)です。

 
▲豪華仕様の特製ボックスに収められているそうですよ。

IBM時代から「ThinkPad」を愛用している身としてはかなり気になるモデルですが、もう少し小さい筐体がよかったなーとか、トラックポイントだけにしてほしかったなーとか、バタフライキーボードがよかったなーって言うのは贅沢ですかね……。

関連サイト

レノボ・ジャパン公式サイト
ThinkPad 25周年特設ページ