2-in-1スタイルに進化!GoogleのラップトップPC『Pixelbook』って何者!?

Androidアプリだって動くんですよ。

グーグルは2017年10月5日(日本時間)に開催したイベントで、新型のラップトップPC『Pixelbook』を発表しました。ラップトップPCとしてもタブレットPCとしても使える”2-in-1スタイル”の柔軟性を手に入れただけでなく、Androidユーザーにとっては慣れ親しんだアプリが動作するので、幅広いシーンで使いまわせそうな予感です。

本体価格はCore i5プロセッサ/8GB RAM/128GB SSDを搭載したベースモデルが999ドル。Core i5プロセッサ/8GBメモリ/256GB SSDモデルが1199ドル、Core i7プロセッサ/16GBメモリ/512GB SSDモデルが1649ドル。すでに予約受付が開始されており10月23日に発売予定ですが、残念ながら日本での販売予定については案内されていません。

美しく生まれ変わったボディ

グーグルが以前に販売していた『Chromebook Pixel』も高品質な仕上がりでしたが、『Pixelbook』ではさらに筐体の美しさを追求。ユニボディ構造を採用した本体の厚さは10.3mmにまで薄くなっています。またキーボードにはバックライトが搭載され、飛行機内などの薄暗い場所でも快適に作業ができます。

搭載された液晶ディスプレイは12.3インチで、解像度2560×1700ドットのタッチスクリーン。最大で10時間の動作が可能とされ、15分の急速充電で2時間利用することもできます。なんといっても2-in-1スタイルの可変PCなので、通常のラップトップPCスタイルでもタブレットPCとしても、あるいはひっくり返して机の上に立てかけるようにしても設置できる自由度の高さが魅力です。

Googleのサービスをまるっと利用可能

グーグル謹製らしい要素として、『Pixelbook』は初の「Google アシスタント」搭載ラップトップPCとなりました。また同機能を起動する専用キーも用意され、話しかければ、自分のスケジュールや今日の天気を音声でチェックすることだってできます。

そしてAndroidユーザー待望、Chromebook製品でありながら通常のAndroidアプリが利用可能に。普段Androidスマホで利用しているアプリやゲームがそのまま動作します。もちろんChome上で動作するウェブアプリも利用できますし、さらに使い道が広がりました。

ペンサポートでもっとクリエイティブに

99ドルで別売りされるスタイラス『Pixelbook Pen』はほとんど操作ラグがなく、傾きや筆圧の検知が可能とのこと。クリエイティブな作業にも活用できそうですね。

関連サイト

『Pixelbook』製品情報ページ(英語)