爆誕。3250万画素の最強APS-C一眼レフデジカメ「EOS 90D」

一眼デジカメの世界は現在パラダイムシフトの真っ最中。フィルム時代から受け継がれてきたミラーボックスをなくし、ボディサイズをコンパクトにしたミラーレス勢が一大勢力となってきました。

このまま一眼レフカメラは終息を迎えるのか。答えはまだまだNo! なぜならばキヤノンから、IMAGE MONSTERことEOS 7D Mark IIをも超えるスペックをその身に宿した、APS-C一眼レフデジカメの最強種「EOS 90D」が登場するのですから!

APS-Cセンサーで約3250万画素もの超高解像性能を持つボディ

2019年9月中旬に発売予定のEOS 90D(15万円前後)は、約3250万画素APS-C CMOSセンサーを搭載した一眼レフデジカメ。スタンダードなフルサイズデジカメをも超える、EOS 5D Mark IV / EOS Rクラスの高解像性能を手に入れた存在です。

フルサイズデジカメとAPS-Cデジカメを比べたとき、APS-Cデジカメは格下といわれることがありますが、それは大いなる間違い。フルサイズより1.5倍の焦点距離となるため、野鳥・野生動物、航空機、スポーツ、サーキット、鉄道といった望遠力が必要なシチュエーションにおいてAPS-Cデジカメはより高い機動力を発揮する存在します。

またミラーレスデジカメより大きなボディも、長い望遠レンズを装着したときの安定性と直結。遠くにあるスゴかっこいいシーンを捉えたい!という気持ちがムクムクと盛り上がってきます。

このジャンルにおける覇権を取るかのごとく、キヤノンはEOS 90Dに「限界を超えろ。」「究極を追え。」というキャッチコピーをつけています。高解像性能に加え、光学ファインダー使用時は約10コマ/秒、ライブビュー使用時は約11コマ/秒の連射性能をもたせ、AFフレームも最大5481ポジション、顔優先AFも強化されました。

クロップなしの4K 30p/フルHD 120pの動画撮影機能も搭載。読書速度が高速なUHS-IIのSDカードにも対応です。動画撮影機としても高いパフォーマンスを実現してくれるでしょう。

個人的には流し撮りアシスト機能の搭載に「待ってました!」。被写体の速度とEOS 90Dを動かす速度のズレを補正して被写体ブレを抑えてくれますし、適切なシャッタースピードも自動設定してくれます。

快適な操作感をもたらすユーザーインターフェース

操作性も大幅に向上。ボディ背面に2つのマルチコントローラを備え、ファインダーをのぞきながらでも直感的かつスピーディにAFポイントを操作できます。

 

シャッターボタンにも上位機種で使われていた機構を搭載。半押しの段階でホールドしやすくなり、AFポイントを定めたまま真のシャッターチャンスを待つのが楽になりました。

こういったユーザーインターフェースの熟成は、プロフェッショナルモデルもパパママモデルも作り続けてきたキヤノンの知見が生きているといえるでしょう。

キヤノン EOS 90D