フル充電で最大380km走行! カスタムバイクっぽい電動自転車『Delfast』のスペックに驚愕

なんとも不思議なフレーム形状です。

電動アシスト自転車、あるいは電動モペッドといったペダルつき電動バイクといえば、数十kmから長くて100kmほどの巡航距離を謳うものがほとんど。しかしクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場した『Delfast』の最上位モデル「Prime」は、なんと満充電状態で最大380kmも走行できるという驚きのマシン。資金調達プロジェクトはすでに目標金額を達成し、かなりの注目が集まっている様子がうかがえます。

もはや車並みの走行距離

『Delfast』はマウンテンバイク風のスポーティーなフレームの内部に、64Ahの超大容量バッテリーを搭載。これにより、最大で380kmという長大な巡航距離を実現したのです。単純比較はできませんが、日本で販売されている一般的な電動アシスト自転車のバッテリー容量がおよそ10Ah前後であることを踏まえると、いかにこの車両のバッテリーが大容量なのかがわかろうというもの。

自転車としての基本スペックに目を向けても、前後にはサスペンションを搭載し7速の変速機も装備するなど、走りと快適性にこだわった仕様なのが見て取れます。またモード切替により、電動バイク、電動アシスト自転車としての双方で利用できるそう。

長距離を走るなら気になる安全機能と保安装置

本格的に長距離を走るなら、車道走行を考慮した安全装備は必須でしょう。その点、この電動自転車では車両前部にウィンカー付きのミラーを備え、さらにシートポスト部分にも方向指示器として動作するリアランプを搭載するなど、まるでバイクのような保安装置が用意されています。

アプリ連携でさらにスマートな運用を

スマホ向けアプリでは、Bluetooth通信を利用して車両ロック、アラーム、あるいはGPS情報から車両の位置情報を把握するといったIoT的な機能が利用できます。

すでに資金調達を終えている『Delfast』ですが、現時点では「Prime」モデルなら3589ドル(約40万円)の支援で1台入手可能となっています。また、車両性能を抑えつつ車重を約27kgまで軽量化した「Lite」モデルが2719ドル(約31万円)、最高速度が時速80kmにまで高められた「Top」モデルだと4349ドル(約49万円)で入手できるとのこと。

製品の出荷は2018年5月が予定されており、全世界への配送に対応してくれるということになっています。ですが、今回の電動自転車も例に漏れず、日本の公道で乗るにはいろいろと煩雑な手続きなどなどが必要でしょうねー。

関連サイト

『Delfast』プロジェクトサイト(英語)