ペン付きスマホ「Galaxy Note10」が登場
リモコン機能と手書き変換が大きな魅力

 

スマホの文字入力といえばフリック方式が主流だが、スタイラスペンを使って書き込みができるスマホもある。サムスンのGalaxy Noteシリーズだ。日本でも歴代モデルが販売されてきたが、2019年モデルはペン機能が大幅にアップ。ペンでスマホを自由自在に操ることのできる、市場唯一の製品に生まれ変わった。日本でもおそらく発売されるGalaxy Note10シリーズを紹介しよう。

6.8インチの特大画面、ペンを使ってカメラをコントロール

2019年8月7日にニューヨークで発表されたGalaxy Note10は、これまでの1モデル展開とは異なり6.8インチ大画面の「Galaxy Note10+」と、6.3インチでコンパクトサイズな「Galaxy Note10」の2つのモデルが登場する。ノート、と名前の付くようにGalaxy Noteシリーズはスタイラスペンを本体に内蔵し、画面に手書きで文字や絵を描くことのできる製品だ。そのため本体サイズは一般的なスマートフォンよりも大型だった。しかし年々サイズが大きくなるとともに「片手で持てる小型サイズのNoteでペンを使いたい」という女性層などの声にこたえ、小型モデルも登場したのだ。韓国では赤いボディーカラーのGalaxy Note10をイケメンタレントを使って広告展開するなど、ずばり女性をターゲットにした販売展開を行っている。

Galaxy Note10、Galaxy Note10+のどちらも本体の右下に同じサイズのスタイラスペン「Sペン」を収納できる。このSペンは前のモデル、Galaxy Note9の時にBlutoothとセンサーが内蔵され、Sペンのボタンを押すとカメラのリモコンになる機能が追加された。スマホカメラ用のBluetoothリモコンも販売されてはいるが、それをわざわざ買って使う人はあまり多くないだろう。しかしGalaxy Note9ならば、カメラをリモコンで使いたいときに本体内蔵のSペンを使うことができる。スマホで三脚を使って本格的な写真を楽しみたい人や、自撮り好きな人にも便利だ。

Galaxy Note10シリーズは2モデル。発表会はニューヨークで開催された。

Sペンのリモコン操作はペンのボタンを押すことに加え、「ペンを上下に振る」「ペンを左右に振る」「ペンを右または左に回す」の3種類、6パターンが加わった。この動作に対応したアプリはSペンを動かすだけで様々な操作を行うことができるのだ。カメラアプリならば、ペンを上下に振るとメインカメラとフロントカメラを切り替え、左右に振るとカメラのモードを順繰りに変更できる。さらにペンを回転させればズームイン、ズームアウトが可能だ。他にも音楽や動画再生アプリがこのSペン操作に対応している。またソフトウェア開発キットが提供されるので、今後はSペンの動きに対応するゲームなども出てくるだろう。

Sペンを片手にカメラをコントロールしているデモ。

とはいえ現時点では対応アプリがわずかしかないため、Galaxy Note10を買ってもこの機能に気が付かない人も多いことだろう。サムスンのスマホはハードが一級品だがソフトが追いついていないことが多々ある。せっかく本体に収納されたSペンを1日1回でもユーザーに取り出して使ってもらえるような工夫をしなくては、Galaxy Note10シリーズの販売数も限られてしまうだろう。あるいはスマホを選ぶときにカメラ機能を重視する消費者には、このペンを使ったリモコン操作を大々的にアピールするべきだ。

手書き文字がワンタッチで日本語になる!
進化したテキスト変換機能

Sペンは当然のことだがメモアプリなどに手書きで文字などを書き込むことができる。しかしちょっとしたメモを書くくらいならフリック入力で文字入力したほうが手っ取り早いのではないだろうか?またメモ帳に手書きしたところでそれをそのままメッセージなどに送れないようでは使い勝手は今一つだ。Galaxy Note10シリーズではペンの手書き機能が大幅に進化し、手書きした文字が即座にテキストに変換できる。しかも日本語に完全に対応しているのだ。

内蔵アプリのSamsung Notes(日本版のGalaxyではGalaxy Notes)で新規メモを開き、Sペンで文字を書いたあとでその文字部分をタップすると、横1列分の文字が即座にテキスト変換できるのだ。2行以上文字を書いた場合は、変換エリアを指先で広げていけばいい。日本語変換モードの時は英数字も同時に変換できる。急いでメモを取った後で、その内容をテキスト化してメッセージやSNSにコピペして投稿できるというわけだ。Sペン本来の「文字を書く」機能が、アナログな手書きではなく他のアプリでも利用できるテキストに変換できるのである。スマホ向けアプリで手書きをテキスト化するアプリもあるだろうが、日本語に完全に対応しなおかつ書き味のいいペンが使えるスマホはGalaxy Note10シリーズくらいだろう。

Sペンで書いた内容を即座にテキスト変換できる。変換は指先でタッチするだけ。

またテキスト化した文字はPDFに変換できるほか、Wordにも出力できる。会議のメモをSペンで長々と書いたあと、指先ワンタッチでテキストにし、それをWordに張り付け報告書を完成させる、なんてこともお手の物だ。また手書きするときに急いで斜めに書いてしまってもかなり正確にテキスト変換を行ってくれる。多少の乱筆でも認識するので、文字の形だけではなくおそらく書き順も認識しているのではないだろうか。Galaxy Note10シリーズを手にすると、ついついペンで何かを書きたくなってしまうほどなのだ。

ちょっとしたメモや議事録も手書きしたあとでテキストにできる。仕事にも活用できるだろう。

ちなみにSペンは日本のワコムの技術を採用している。ワコムのペンは充電不要で使えるのが最大の特徴だ。充電端子が不要のためスマホ本体に内蔵できるほどペンを細くできるのも大きなメリットである。なおSペンを動かすジェスチャーコマンドを使う際にはペン内蔵のBluetoothを起動する必要があるため、ペンを充電する必要がある。その方法は本体にペンを入れるだけでよいため、充電を忘れてしまうことは無い。アップルのiPad用Apple Pencilはおそらくモバイル機器の中で最も書き味のいいスタイラスペンだが、充電しなくては使えないのがやや残念なところだ。

Sペンは本体に刺すだけで充電できる。書き味も悪くない。

スタイラスペンの使えるスマホは他社からもわずかながら出ている。またスマホ用のスタイラスペンも様々なものが販売されている。しかしGalaxy Note10シリーズのSペンはジェスチャー機能や優れた書き心地、そして手書き認識などほかのスタイラスペンを使ったスマホ操作とは全く異なる体験を得ることができるのだ。フリック入力や指先操作だけでは不満のある人も、Galaxy Note10シリーズを買えば満足できるのではないだろうか。

大きい画面が使いたい?
ノートPCに接続して画面を使おう

Galaxy Note10シリーズはペン以外の機能も様々な点が強化されている。中でもスマホの画面を外部モニタに出力できるDeX機能はパソコンとスマホのどちらも手放せない人にとって最強ともいえる機能が加わった。それはパソコンにGalaxy Note10シリーズを接続し、パソコンの画面の中にGalaxy Note10シリーズの画面表示をそのまま投影することができるのだ。しかもパソコンのキーボードやマウスもそのまま使うことができる。

対応するのはWindows 7またはWindows 10、Macの各パソコン。パソコン側にDeXアプリをインストールしておき、Galaxy Note10シリーズをUSB Type-Cケーブルで接続するとDeXアプリが自動で立ち上がり、パソコンの画面内に専用のデスクトップ画面が現れるのだ。スマホの画面は縦長で細いが、DeXアプリのデスクトップはパソコンと同じ横長の長方形。デスクトップを最大化すればパソコンの全画面をGalaxy Note10シリーズの画面として使うことができる。

Galaxy Note10+をパソコンに接続すると、DeXアプリが起動する。

Dexアプリの中ではスマホアプリを複数立ち上げ、それぞれのウィンドウを重ねて表示するなどパソコンと同じような操作ができる。スマホ単体でも2つのアプリを立ち上げ同時に表示することはできるが、DeXなら画面の中一杯にいくらでもアプリを開いておくことができる。YouTubeを見ながらTwitterでつぶやき、ブラウザで検索をする、なんてことがDeXの中でできるのである。あるいはデータの相互のやり取りもできるので、Galaxy Note10シリーズで撮影した写真をドラッグ&ドロップでパソコンへコピーすることも簡単に行える。

DeXアプリの中で動くGalaxy Note10+アプリ。複数アプリを立ち上げパソコンのように使える。

もちろんパソコンでできることがあればパソコンを使ったほうが楽だろう。しかしスマホでしか使えないアプリがある場合、このDeX機能を使えばスマホでは体験できない大きなディスプレイを使うことができるメリットがあるわけだ。あるいは自分のパソコンが無いときに、友人がパソコンを持っていればGalaxy Note10シリーズを接続させてもらい、自分のやりたいことはDeXの中のスマホアプリを使ってやる、なんてこともできる。

このようにGalaxy Note10シリーズはペン機能とPC連携機能が強化されたことで、ビジネス向けスマホとしてもかなり魅力的な存在になっている。仕事でPCをよく使う人がスマホをPCのコンパニオンとして利用したいなら、Galaxy Note10シリーズは最適な製品と言えるだろう。日本では例年10月にドコモとKDDIからGalaxy Noteシリーズの発表が行われる。今年のモデルは大画面のGalaxy Note10+だけが日本で発売されるのか、あるいは小型モデルのGalaxy Note10も投入されるのか。これまでGalaxy Noteシリーズに興味が無かった人にも、進化したSペンを使ってみれば一目置く存在になることは間違いないだろう。

2つのサイズ、日本ではどちらのモデルが販売になるだろうか。