アウトドア×直火焙煎で淹れる最高の一杯 極上カフェライド

巷のおしゃれサイクリストたちは、小洒落たカフェを目的地にゆったりとしたライドを楽しむ。それがカフェライドだ。ただ、dsとしては自転車もコーヒーも、もっと深くまで味わい尽くしたい。そこで今回、極上カフェライドとして、長距離走って、生豆をローストして、挽きたての一杯を堪能してきた!

  • ライター/サイクリスト 頓所直人
    シャレたライドとは程遠い、汗にまみれ、痛みと戦いながら数百キロを走るロングライドが好み。先日、土日で600㎞のライドを計画するも560㎞付近でリタイヤ。以来、「約600㎞の人」という不名誉なあだ名を付けられる。

ワイルドスタイルなカフェライドへGO!

自転車に乗って、美味しいコーヒーを飲ませるカフェに立ち寄り、数時間のライドを楽しむ。これが今おしゃれサイクリストの間で日常的に行われているカフェライド。もしくは、カフェ巡りはせずにポットに注いだこだわりコーヒーをバッグに忍ばせ、公園などで一休みするカフェライドも、「楽しそう~」と、女子ウケもして人気が高い。

だが、我らがdsとしてはもっと違った、まるでコーヒーのような深みのあるカフェライドを提案したい。それが、“ワイルドスタイルの極上カフェライド”である。用意されたコーヒーは拒否、自宅でコーヒーも淹れていかない。美味なる1杯を生み出す道具を全てバッグに詰め込み、焙煎から豆を挽いて、抽出するまで全ての工程をアウトドアで行う。さらに、目的地は決めずに、直感を頼りに「ここだ!」というポイントを野営地として、その場をマイ・カフェとする。

そんなこんなで焙煎機、豆を挽くグラインダー、ケトル、コンロ、さらにキャンプチェア、テーブルなど、極上の時間のために色々と自転車のフロントバッグに詰め込んだら、重量は約7kgになってしまった。

しかも、良い場所を探して都内をスタートして走ったところ、カメラマン・シモジョーのたっての希望もあり、目的地は遥かなる埼玉県の長瀞となり、結局は100㎞走となった。まさにワイルド。コーヒーではなく、ビールが飲みたくなったほどだ。

加えて、今回のライドにはもう1つのチャレンジもある。それが、「J-COFFEE」だ。初耳の方もいるだろう。それも当たり前。我々が勝手に考えたのだから。行った先で調達した豆(あずきやら黒豆などの国産豆)をコーヒーの作法に則り味わうという、完全なるチャレンジ企画だ。

さて、今回のワイルド極まるカフェライド。果たして、極上の一杯で至福のときを迎えることはできたのであろうか?

極上カフェライドには、収容力のあるバックが必要。今回は、フロントラックにフロントバックを載せた。ホイールのサイドに付けるパニアバックも旅感が増してカッコイイ。このスタイルには、カーボンよりクロモリのバイクが似合う。

 

ライドのお供はこの2台

カフェライドでは、美味なる一杯を淹れるための道具を詰め込んで楽に走ることのできるバイクが必要だ。加えて、土や砂利がむき出しのグラベルロードを突き進む走破性も欲しい。今回、相棒として選んだのはアメリカンブランドのこの2台!


J-COFFEEにも挑戦!

今回、勝手に命名したのだが、要するにあずきや黒大豆といった乾物屋や道の駅に売っている和の食材としての豆をコーヒー的に飲んだらどうなるかという試み。今回は秩父鉄道の長瀞駅近くの「豆の大沢屋」で厳選の“国産豆”を購入!

おしるこにしたら最高と店のおばさんにレコメンドされたあずきと、黒大豆を購入した。さあ、どんなJ-COOFFEEに仕上がるのか?

手間をかけると美味しくなる?
国産の豆は生まれ変わるのか!?

100㎞超のロングライドの甲斐あって、埼玉の長瀞にいい場所を見つけた。そばを流れる荒川では、時折ラフティングのボートが下って行く。さっそく東京で仕入れてきたコーヒーの生豆と長瀞で仕入れた和の豆を取り出し、焙煎に取り掛かる。

普段、コーヒーに凝ってはいても焙煎まではなかなかしない。豆が爆ぜる音や、香ばしい匂い、あえて時間をかけて淹れるからこそ美味しさも増す。さてさて、J-COFFEEはというと、手間ひまかけて抽出したものの、あずきは「甘味が出るかも?」という期待もむなしく、味は薄く、残念な結果となった。ところが、黒大豆が意外にも良い仕事をしたのである。そのお味は?

 

Beans 今回のお豆だぞ

厳選生豆

こちらは純粋にカフェライドで美味しいコーヒーを飲みたいとの思いから購入しておいた生豆。今回、この中から焙煎したのは、東京・神保町にある倉木コーヒー店のモカ。焙煎度合いを変えてみた。

直火で焙煎し始めて、数分するとうっすらと豆が色づき始める。浅炒りのライトローストで、コーヒーらしさはまだない。10分ほどでパチパチと豆が爆ぜる音がする。これが1ハゼで、中炒りのハイローストとなる。爽やかな風味が楽しめる。さらに5分ほどすると2ハゼがあり、深炒りへと移行する。今回は深炒りのフレンチローストまで焙煎。

 

J-COFFEE

純国産の生豆は焙煎するとどうなるのか。もし美味しければ、一大J-COFFEEブームが到来するのでは?という淡い期待は、焙煎で豆の状態が変化するごとに膨らむのだった。

純国産の生豆は焙煎するとどうなるのか。もし美味しければ、一大J-COFFEEブームが到来するのでは?という淡い期待は、焙煎で豆の状態が変化するごとに膨らむのだった。
ハゼ…焙煎によりコーヒー豆から炭酸ガスが発生し、化学反応により豆が耐えられなくなり裂ける現象

 

Roast 焙煎するぞ

焙煎は意外に時間と手間がかかる。火に近づけ過ぎると焦げてしまうし、遠火では焙煎は進まない。常にスナップを使って焙煎機を振り続けることで思い通りの焙煎となる。ここでは、今回使用した焙煎の道具を紹介する。

上/発明工房「煎り上手」は、熱伝導の良いアルミボディ。底面中央が山型で、ムラなく焙煎できる。実勢価格5200円。下/Nuvo「Eco Ceramic Handy Coffee Bean Roaster」は、陶器のため熱がじっくりと加わる。実勢価格8202円。

 

snow peak
HOME&CAMP バーナー シルバー

実勢価格:8202円

キャンプ界隈で話題の卓上コンロは、カフェライドにうってつけ。重量も1.4㎏とライドのお供にも最適なコンパクトさ。

 

Grind 豆挽くぞ

抽出方法によって、豆を挽く際の粒度を変える。今回はペーパーフィルター、ネルドリップ、フレンチプレスの3種類で味わうため、グラニュー糖程度の中細挽きから、ザラメよりやや細かい中挽きに。豆を挽いた時の香りは最高。
左/国産ブランドRIVERS「コーヒーグラインダー グリット」はデザイン性に優れる。実勢価格8,640円。右/HARIO「コーヒーミル・セラミックスリム」。実勢価格3000円。

 

Brew 抽出するぞ

いよいよ抽出。ドリッパーは、そんなにかさばる物でもないので、抽出方法も色々と試してみた。こうやって時間をかけて淹れ方を変えてコーヒーを楽しむなんて、なかなか贅沢な時間の使い方。気になるのは味だけだ。
左/Vitantonioの紅茶用抽出機「ツイスティー 」をコーヒープレスとして使用。実勢価格2400円。右/HARIO「ハリオール・ブライトN」。実勢価格2500円。
左/コンパクトに畳めるユニフレーム「コーヒーバネット」。実勢価格2100円。中/HARIO「ネルドリップ ろか器」実勢価格738円。右/MUNIEQ「テトラ ドリップ」実勢価格1064円。

 

Taste 味わうぞ

左・中/スウェディッシュブランドのWILDO「フォルダカップ」は、内側に折りためてコンパクト。実勢価格648円。右/EPLgas「ダブルウォールチタンマグ」実勢価格3800円。

 

肝心の味だが、コーヒーは手間の分だけ、コクや豊かな香りも濃密で満足度の高い仕上がりに。一方、J-COFFEEはあずきは残念だったが、黒大豆にはほんのりとした甘味と香ばしさがある…って、これ黒豆茶じゃん! しかも黒豆茶ほど美味しくない。100㎞走って手間暇かけたのに、そりゃないっしょ!