ピザハット派のあなたに。ピザの宅配バックと同素材で作られた人間用ジャケット

宅配ピザを注文すると、注文先で違いはあるものの、配達の際に保温バッグへ収められてピザやって来る光景は日本でもお馴染みだろう。米ピザハットは、その宅配用保温バッグに用いられるふかふかの布地で人間用のジャケット『Pizza Parka』を作ってしまったそうだ。そもそもは宅配用の保温バッグの新型を製作した“ついで”に生み出されたもののようだが……。これがなかなかよく考えて作られている。

保温性と防御力を両立

『Pizza Parka』には新型の配達用バッグと同じく、3Mの「Thinsulate」などを採用した3層構造素材が採用され、内部を暖かく保ちつつも雨や雪から身を守ってくれるのだそう。また上の動画をみればわかるかもしれないが、表面には調味料が降り注いだとしても汚れにくい加工が施されているようだ。

ピザを食べやすくする工夫が各所に

ピザハットが作っただけあって、ピザを美味しく食べられる遊び心が隠されている。例えばフードの端はナプキンのように口元を拭くのに使えるし、チーズやペッパーなどの小袋を収納するためのポケットも。

袖部分にはスマートフォンを装着できるホルダーがあるので、食べたくなったらいつでもピザを注文できるというわけ。

驚くべきは服の内側に用意されているピザ用ポケットだ。ここにはカットされたピザが1ピース収納できる。内部がべちょべちょになりそうな気もするが、気にするなということだろう。

……と、まさにピザ好きのために作られたような『Pizza Parka』だが、日本から入手するにはハードルが高い。米国では10月の全米ピザ月間「National Pizza Month」を通じて、pizzahut.comやスマホアプリからピザのオンライン注文をした人、あるいはピザと炎の絵文字を@pizzahut宛にツイートした人の中から抽選でプレゼントされるのだそうだ。

関連サイト

Pizza Hutによるプレスリリース