乗り出し200万円以下。軽自動車キャンピングカーキットが2017年グッドデザイン賞を受賞

毎年秋になると発表される「グッドデザイン賞」。2017年は、4ナンバーワンボックスタイプの軽自動車に装着する軽キャンパーキット『ネクストキャンパーキット』が、キャンピングカーで唯一の受賞を勝ち取った。

車検や自動車税等の維持費が安く、新車ベースで最上級グレードの「プレミアムキット」を装着したとしても乗り出し200万円を切る価格。このコストパフォーマンスの高さがセールスポイントだ。

ネクストキャンパーは税金や保険が通常の4ナンバー軽自動車と同じでありながら、快適な居住性を確保。車内には2000Wのインバーターが積み込まれ、家電の使用も可能とされている。

そのほかにも伸縮式のシャワーや180度回転機能つきシンクを備えるなど、軽自動車の限られたスペースをキャンパーとして効率的に利用できる工夫があふれた装備品の数々も面白い。

グッドデザイン賞審査委員の評価を要約すると、回転シンクなどの工夫あるデザイン、高い質感のウッディな室内空間。そしてそれを広く見せるためのラウンドした家具形状が評価されたのだという。

家具についてはメーカー側も「日本の職人の匠の技で製作されている」として自信をのぞかせるポイントだけに、グッドデザイン賞の受賞も納得といったところ。

考えてみると、経済性とスペースの効率性に優れる軽キャンパーは、現代日本にマッチした余暇の過ごし方を提供する可能性を秘めているのかもしれない。今後さらに発展したモデルの登場や、思いもよらなかったような活用法が提案されることに期待したい。

関連サイト

キャンピングカーキット [ネクストキャンパー プレミアムキット](Good Design Award)
ネクストキャンパー(次世代の軽自動車キャンピングカー)