APS-Cセンサー&光学3倍ズーム!キヤノン『PowerShot G1 X Mark III』が高級コンデジ市場を切り開く

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラ「PowerShot G」シリーズのフラッグシップモデル『PowerShot G1 X Mark III』を11月下旬に発売する。キヤノンオンラインショップでの直販価格は13万7700円(税込)。

『PowerShot G1 X Mark III』の特徴は、何と言っても同社のコンパクトカメラでは初となるAPS-Cサイズ相当(有効画素数約2420万画素)のCMOSセンサーを搭載する点だ。組み合わせられるのは光学3倍のズームレンズ(35mm判換算で24-72mm相当、F2.8-F5.6)となっている。

EVFやフロントダイヤルなどを備えた外観からは『PowerShot G5 X』の後継モデルのようにも感じられるかもしれないが、製品名のとおり2014年3月発売の『PowerShot G1 X Mark II』の後継となるモデルだ。従来機と比べセンサーサイズが大型化されているにもかかわらず、本体サイズ約W115×H77.9×D51.4mm、重量約399gと小型・軽量化を達成しているのも見逃せない部分と言えるだろう。

画像処理エンジンは「DIGIC 7」となり、最近のミラーレスEOSや一眼レフEOSでも採用されている像面位相差AF「デュアルピクセルCMOS AF」に対応しているのもポイント。連写性能はAF追従で毎秒最高約7コマ、AF固定で同約9コマだ。

液晶モニタは3インチでタッチ対応のバリアングルタイプ。EVFを覗きながら液晶を指でなぞってAFポイントが動かせる「タッチ&ドラッグAF」機能も備えている。

そのほか機能面で特筆すべきは、「PowerShot」シリーズらしく、「星空モード」や「流し撮りモード」といった多彩な撮影機能を装備する点。スマホではお馴染みの機能だが、本体をパンニングさせてパノラマ撮影が行える「パノラマショット」も新搭載する。

いわゆる高級コンデジということで使う人を選ぶモデルではあるが、APS-Cサイズのセンサーにズームレンズを組み合わたコンパクトカメラは過去にほとんどなく、なかなか面白い存在と言えそうだ。

「PowerShot G」シリーズ。

関連サイト

PowerShot G1 X Mark III(キヤノン)