スマホ操作から「シームレス」へ。“つながる家電”は今後どう進化する?

インターネットと家電をコネクトすることでより便利で快適な生活を送ろうという提案は、ここ数年注目を集め続けているトピックですが、「IFA2019」ではより具体的で、リアリティのある展示が多かったように感じます。ここではその内容を詳しくリポートします。

おせっかいではなく“察する”美容家電

パナソニックのブースでは毎年、3~5年先、少し先の未来を示唆するような展示を行っていますが、2019年は「美容家電」を取り上げました。テーマは「察する」ということ。人の願望を人がコントロールすることなく、製品が叶えてくれる未来の美容家電を提案しました。

「BALANCE OF BEING」と題された展示では、人が立っているだけで様々なデータをスキャンする様子をプロジェクターで再現。肌や頭髪、健康状態など様々なデータをスキャンし、そのデータを製品と共有します。展示では、身体の外側をケアする「アウタービューティー」のコンセプトモデルを4つ、内側をケアする「インナービューティー」のモデルが2つ用意されました。

ネックホルダーのような「TONE:ネックケア」は首に装着すると、その人の肌の状態にあわせてスチームや、赤色LEDが照射されます。自身でのコントロールは一切不要で、機器側が最適な調整を自動してくれます。

首に装着して使う「TONE:ネックケア」。その人の肌の状態にあわせてスチームや、赤色LEDが照射される。

頭皮の状態を把握して、発毛や育毛を促進するヘッドケアの製品、寝ながら美肌ケアができるスリープケアの製品なども用意されていましたが、いずれの製品も自分で何かを操作する必要はありません。

ベッドのヘッドボードに装着することで、寝ながら美肌ケアができるスリープケアの製品。

個人の身体の状態に合わせた最適な飲み物や食事を提案する「インナービューティ」のソリューションとしては、体調に合わせたスムージーが簡単に作れる「SHOT:ニュートリションケア」と、必要な栄養素を食材から効果的に引き出す「LIFT:フードケア」が提案されていました。

体調に合わせて最適なスムージーが作れる「SHOT:ニュートリションケア」。

「従来のIoT家電とは一味違う、日本人らしい心を意識しました。IoTやロボティックスという先端技術を駆使しながら、おせっかいではなく、その人の状態を『察する』ということに注力しました。日本人らしい先読みする心、心配りというものを表現して行くことで、海外メーカーとは違う差別化したサービスを展開して行きたいと思います」(パナソニックアプライアンス社 技術本部 副本部長の本橋良氏)

パナソニックアプライアンス社 技術本部 副本部長の本橋良氏。

今回展示されていた製品の特徴は「シームレス」に使えるということ。それは、立っているだけで、様々な情報を収集するという展示ブースの冒頭から表現されています。ユーザーが機器に乗ったり、設定することなく、様々なデータをスキャンし、そのデータを適切に解析、処理することで、各個人に合わせた設定などを一切不要としました。

立っているだけで、様々なデータがスキャンできるというデモからスタート。小さな丸い光、ひとつひとつが様々なデータというイメージ。

コネクティッドのトレンドは操作しない!?

少し前までは、インターネットと機器がつながることの利点の1つとして、スマートフォンからの遠隔操作や、スマートスピーカーでの操作を挙げるメーカーが多かったですが、現在のトレンドはそれとは逆。いかに操作せずに使えるか、というところにフォーカスしているメーカーが多いと感じました。

スマートフォンで操作できることをウリにした家電はまだまだ多い。

その流れは、ドイツの大手家電メーカー「ミーレ」の展示にも。ミーレは住宅設備に組み込んで使うビルトインタイプの家電を中心とした高級家電メーカーですが、今年の目玉は「洗剤の自動投入機能」を搭載した食器洗い機です。

洗剤自動投入機能を搭載したビルトインタイプの食器洗い機。

ディスク型の専用洗剤を本体にセットすると、食器量や汚れに応じて、洗剤量を調整、最適な量が自動で庫内に投入されます。

ディスク型の専用洗剤を本体にセットすると食器の量や汚れに応じた量が自動で投入される。

同様の機能は、パナソニックや日立、東芝の最新洗濯機にも搭載されていますが、食器洗い機ではこれまでありませんでした。

洗剤の選択や計量、詰め替え、買い置きなど、最新の家電を使っていたとしても、人間が頭や手を動かすことはまだまだたくさんあります。そのような「見えない家事」をどこまでシームレスにスムーズにできるのかが、今後のスマート家電の方向性の1つになるかもしれません。