リファレンス・スマホなiPhone 11 Proで超広角カメラの楽しさに目覚めそう

2019年10月を機に消費税が上がり、スマートフォンの割引額の上限が設定され、いままでのようにお安く手に入れることができなくなってしまった新iPhone。しかし使ってみるとこれがいいんです。スペックを1つ1つ見ていくと、極みにチャレンジしているのはAndroid勢だということがわかるのですが、OS・ソフトウェアを含めた「最新スマホで何ができるか」の基準点を作るのは新型iPhoneだと思えてくるのです。

広角カメラ+超広角カメラのiPhone 11でもいいと思うけどiPhone 11 Proを買った理由はズバリ、カラーです

9月にアップルから発売されたiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max。それぞれの違いをカンタンに表すと、iPhone 11は広角カメラ・超広角カメラのデュアルカメラで、6.1インチの液晶ディスプレイを持つモデル。iPhone 11 Proは5.8インチの有機ELディスプレイ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチの有機ELディスプレイで、広角カメラ・望遠カメラ・超広角カメラのトリプルカメラ搭載機です。

サイズでいくとiPhone 11 Pro Max>iPhone 11>iPhone 11 Proの順になりますが、ディスプレイの大きさ=ボディの大きさで順位が決まらないのがデジタルガジェットの常。精細で発色もいいし、三つ目カメラの存在によってPro系のほうが上位の存在。無印なiPhone 11は、あくまでベーシックモデルという位置づけとなります。

でもね。搭載されるプロセッサはA13 Bionicで同じ。RAM容量も4GBで同じ。何かしらの作業を指せるなら処理速度は同じ。

動画や写真の色味を厳密にチェックするために使うわけではないし、だったらiPhone 11でいいじゃない。と思っていました僕も。でもヨドバシカメラを出たときに手にしていたのはiPhone 11 Proでした。

だって新色のミッドナイトグリーンが、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxにしか設定されていないんだもん! 改めてミリタリーテイストのブームがきていますが、そこに合わせたかのような新色がほしかったんだもん!

#GoProがある生活 に続く超広角ブームがやってくるか

油分をもった指紋汚れもパッと拭き取れて、防水、防塵力の高まったボディ。ハイパワーゆえに4K動画の撮影・編集も楽にこなせるプロセッサ。向上したバッテリーの持ち時間。などなど、「最新のiPhoneは最良のiPhone」と言ってしまえるほど、iPhone 11 Proのデキは素晴らしい。

のですが。

いちばんハデでわかりやすい「何ができるのか」を突き詰めると、やはりフルサイズ換算13mmの超広角カメラの存在に行き着きます。

眼前の世界をぎゅっと押し込める超広角の画角の世界。#GoProのある生活 ハッシュタグ、すなわちGoProを日常を捉える超広角カメラとして使うカルチャーは日本発祥のムーブメントですが、同じような写真がスマートフォン単体でも撮れるようになったんです。撮影後すぐSNSにシェアできるんです。

実のところAndroidだって負けてない…というか、先取りしていた感。HuaweiのP30 Lite、P30が17mm、ソニーのXperia 1、HuaweiのP30 Pro、OPPOのReno 10x Zoomが16mm、そしてサムスンのGALAXY S10+が13mmの超広角カメラを搭載しており、超広角がスマホ界全体を巻き込むトレンドとなっているのがわかります。

GoProが作ったカルチャーにAndroid勢が乗り込んできて、iPhoneもその領域をカバー。という流れになりますが、主観視点での観測結果からiPhone 11が登場してから「超広角すごい!」なノリが生まれてきているようで、日本におけるiPhoneの存在感の強さを改めて実感。

ナイトモードが搭載された結果、夜景撮影力も高くなっているんですよ。複数枚の写真を組み合わせているために走るクルマなどを画角内に入れると長時間露光のように光の軌跡が残りますが、手持ちで撮ったとは思えないほど背景の東京駅やビル群をシャープに切り取ってますよね。

超広角にするとナイトモードのような合成はなくなり、暗い場所では細部の鮮明さもなくなりますが、スマートフォンの画面で見る限り問題ないような気がして。それ以上に「東京駅前の広場ってこんなに広かったっけ!?」と、脳がバグるほど広大に見えませんか?

でも望遠カメラがいらなかったらiPhone 11でいいと思う

前述したように、僕は欲しいボディカラーがあったからiPhone 11 Proをチョイスしました。しかし「新しいiPhoneを買うならどれがいい?」と相談されたら、「テーブルフォトを撮らないならiPhone 11でいいと思うよ」と答えます。

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの望遠カメラはよいものです。でも誰もが一歩踏み込んだような写真を撮りたいわけじゃない。

iPhone XRと同様に、iPhone 11でも広角カメラで背景をボカすポートレートモードが使えることですし、日常を捉えるのであればiPhone 11でも十分。価格もiPhone 11 Proは11万7480円から(64GB/Apple Store価格)ですが、iPhone 11は同じ条件で8万2280円からとなっていますし。