ご利益ありそうな7万5千円の「仏像キャンディ」が銀座にご降臨なされるようじゃ

スペイン・バルセロナ発祥のアート・キャンディ・ショップ「パパブブレ(papabubble)」は、飴で作った仏像をLEDライトで演出する彫刻作品『Anicca/Infinity(アニッカ/インフィニティ)』の展示・販売をスタートすると発表しました。LEDが組み込まれた鏡張りのボックス込みで、お布施……じゃなかった、販売価格は7万5000円(税別)とのこと。

アーティストyukaotani(ユカオオタニ)氏の作によるこの作品。無我の境地を象徴する仏像と、甘い快感で人間の本質的な煩悩を揺さぶる飴(砂糖)という相反する2つの要素の混在を表現したとされています。

「クリアー/昼光色LED」「黄金色/電球色LED」「蛍光色/ブラックライトLED」の3種が制作されるそうだが、ブラックライトに照らし出される仏像あたりは、見た後になんだか夢に出てきそう。南無南無。

この作品の展示・販売が行われるのは「パパブブレ GINZA SIX店」で、期間は2017年11月1日から11月15日まで。飴で作られてはいるものの、残念ながら食用不可の鑑賞用作品であるとのこと。実物を拝みに銀座へ足を運んだとしても、店内にお賽銭箱は用意されていないんだろうな、たぶん。

関連サイト

パパブブレ(papabubble)
プレスリリース(PR TIMES)