ヤカンは卒業!コーヒー専用ケトルで湯温&湯量をコントロール【COFFEE 1/365days】

【頑張らなくても楽しい。COFFEE 1/365days】

奥深きコーヒー道を歩み続けられるかは実は一歩目の“ハードルの低さ”にかかっている!
カジュアルな飲み物なのに嗜好性が高く、とても奥が深いコーヒー。苦い、でもなぜか美味しい。ワンモアコーヒーください!と世界の大人たちが今日もどこかでコーヒーを嗜んでいる。でもちょっと待って。「コーヒーってなんとなく美味しい」と、見た目や雰囲気で飲んでいませんか。その美味しいの秘密、少しでも解決できれば明日のコーヒーがもと美味しくなるはず。極めずに知るだけ試すだけ。頑張らずに通っぽいノウハウを手に入れよう。

適温・適量・安定の味 手になじむケトルを選ぼう

ドリッパーは持っていても「ケトルはヤカンで代用」という人は早く気付いてほしい。ドリップコーヒーに重要なお湯を注ぐタイミング、蒸らしのための湯量、繊細な抽出はヤカンや電気ポットでは不可能だということを。それでも「湯沸かしにはどうしてもヤカンを使いたい」のであれば、ドリップケトル(ドリップポットとも呼ぶ)を“急須”のように使ってみよう。それだけ専用ケトルは欠かせない存在である。

ドリップケトルの最たる特徴は注ぎ口の細さ。この細く、緩やかなS字カーブしたノズル部が繊細な“お湯落とし”を可能にしてくれる。HARIOの「ヴォーノ」はハンドル部のグリップがしっかりしている人気製品で、そのヴォーノに取り付けられる専用の温度計「ドリップサーモメーター」を愛用している人は多い。ドリップコーヒーに大事なお湯の温度を直接測れる利便性は絶大。湯沸かし時はもちろん、ドリップ中も確認できるので湯温を完璧に操れる。

HARIO
V60 ドリップケトル・ヴォーノ
実勢価格:4104円

HARIO
V60 ドリップサーモメーター
実勢価格:8640円

直火OK、IH対応のドリップケトルヴォーノに取り付け可能な温度計(サーモメーター)。メーカー純正品なのでズレることなくセットできる。ボタン電池式。

絶妙なコントロールが行えるのはドリップケトルならでは。点滴のようにポタポタ落とすこともできる。ヤカンはもう卒業だ。

計算されたドリップポッドこだわりを知って選ぶべき

デザイン性の高さと使い勝手の良さを両立する家電メーカー・バルミューダの電気式ドリップケトル「BALMUDA The Pot」。お湯を沸かす・淹れるというシンプルな行程にもこだわりが見えており、よくなじむ持ち手、湯量をコントロールしやすい極細口ノズルなどから開発意図が垣間見える。

バルミューダが採用したドリップケトルのサイズは600ml。一般的な家庭用電気ケトルだと800mlが通常サイズなので、小ぶりなサイズと言える。この600mlにも同社のこだわりがあり、コーヒーなら3杯分、カップヌードルで2個分をまかなうことができる。必要なときに必要な量のお湯だけを沸かせば、必然的に時間のロスが少なくなり、それだけコーヒーの時間が増えるもの。600mlの沸騰スピード(満水時沸騰約3分)、ケトル全体の重さ(本体0.6kg・電源ベース0.3kg)と、スペック的には申し分なし。国内最大手メーカーの電気ケトル(同サイズ)とほぼ同等の数値だが、ことコーヒーに関してはバルミューダ製品に軍配があがる。スペックが同じでもグリップ・ノズル部などの随所のしかけは専用ケトルならでは。使い勝手において数値以上の効果を感じることができるはず。ドリップケトルは他のコーヒー道具と比べて差が見えづらい製品ではあるが、手に持った感覚を大事に選んでほしい。

バルミューダ
BALMUDA The Pot
実勢価格:1万1880円

600mlのワンサイズ、手に馴染むグリップ形状、絶妙なストロークのノズル形状など、同社のこだわりが随所にみえるドリップケトル。カラーはブラックとホワイトの2色展開・マット仕様。

ドリップコーヒーの所作は美しくあるべき。そんな印象を与えてくれるバルミューダのThe Pot。公式サイトではさまざまな使い方を提案している。

 

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋。