手軽&美味しい!カプセルコーヒーマシンはどれを選ぶ?【COFFEE 1/365days】

【頑張らなくても楽しい。COFFEE 1/365days】

奥深きコーヒー道を歩み続けられるかは実は一歩目の“ハードルの低さ”にかかっている!
カジュアルな飲み物なのに嗜好性が高く、とても奥が深いコーヒー。苦い、でもなぜか美味しい。ワンモアコーヒーください!と世界の大人たちが今日もどこかでコーヒーを嗜んでいる。でもちょっと待って。「コーヒーってなんとなく美味しい」と、見た目や雰囲気で飲んでいませんか。その美味しいの秘密、少しでも解決できれば明日のコーヒーがもと美味しくなるはず。極めずに知るだけ試すだけ。頑張らずに通っぽいノウハウを手に入れよう。

カプセルコーヒーマシンなら簡単・早い・美味しいが可能

ハンドドリップで淹れたコーヒーもいいけれど、もっと簡単に美味しいコーヒーが飲みたいという人は、コーヒーメーカーを検討すべき。なかでも、ここ数年人気のカプセルコーヒーマシンなら、カプセルをセットして、抽出量などをボタン操作するだけで、あっという間にコーヒーができあがる。普通のコーヒーメーカーなら、ペーパーフィルターと粉をドリッパーにセットする作業が必要なことを考えると、格段に手軽で便利だ。さらに、カプセルマシンはエスプレッソが淹れられるというのも大きなメリット。高圧で抽出する濃厚なエスプレッソは、ハンドドリップや普通のコーヒーメーカーでは淹れられない。

本格的な濃厚エスプレッソやコーヒーを飲みたいなら、ネスプレッソの「ネスプレッソ エキスパート」がオススメ。自分好みに味をカスタマイズできるのが特徴で、お湯の量で味わい方を調整したり(4段階)、お湯の温度も3段階で選ぶことができる。濃厚なエスプレッソだけでなく、さっぱりとしたアメリカーノにしたりと、気分で簡単に変えられるのが魅力だ。何より、ネスプレッソシリーズ専用の20種類以上あるコーヒーカプセルは、どれも最高品質のコーヒー豆を使用したもので、深い味わいとなめらかなクレマ(泡)が自宅で楽しめるのだから満足度が高い。

ネスレネスプレッソ
ネスプレッソ エキスパート
実勢価格:2万7000円

メニューや温度を自分好みに調整できるカスタマイズ機能が便利なカプセルマシン。スマートフォンアプリとリンクすることで、コーヒー抽出の予約、カプセルコーヒーの残数管理なども可能だ。

コーヒー抽出・給湯時の温度を3段階(約75~80℃、約85℃、約90℃)の中から、好みの設定を選べる機能を追加

同じくネスレの「ネスカフェ ドルチェ グスト エクリプス」は、そのデザイン性の高さで人気のマシンで、操作はタッチパネルで直感的に行うことができる。カプセルは幅広いラインナップで、ミルク入りのカプチーノやカフェラテ、中には抹茶などもあるので、いろんな味を楽しみたい人にオススメしたいモデルだ。

ネスレ日本
ネスカフェ ドルチェ グスト エクリプス レッドメタル
実勢価格:1万8800円

香り豊かな挽きたてのコーヒー豆を密封した5層構造のカプセルをセットしたら、タッチパネルで湯量をセットして抽出するだけ。簡単に美味しいコーヒーが淹れられる。

日食をイメージしたデザインのボディは、電源を入れると自動でオープン。抽出状態になる。

もう一つのネスプレッソ「エッセンサ ミニ」は、ネスプレッソシリーズで最小・最軽量のコンパクトかつ低価格なモデル。コンパクトながらも本格的なエスプレッソの味わいは変わらないので、これからカプセルコーヒーを楽しんでみようという人にとってもぴったりだ。

ネスレネスプレッソ
エッセンサ ミニ
実勢価格:1万1880円

重さ2.3kgのコンパクトなボディには、最大19気圧の高気圧の抽出システムを備えており、ほかのネスプレッソ同様、深みのあるプレミアムなコーヒーが楽しめる。


ネスプレッソシリーズならではの深いアロマとなめらかなクレマ(泡)が、最大19気圧の抽出システムによって生み出される。

 

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋。